スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『宇宙兄弟』 * 宇宙飛行士@若田光一さん * 宇宙から見たオーロラ



ユニコーン 『Feel So Moon』
(アニメ 「宇宙兄弟」オープニングテーマ)






オーロラが光るのはなぜ?
     
「宇宙科学キッズサイト」は夢があってわくわくさせられます。


ある雑誌より~


地球の防護壁


宇宙は,致死的な放射線や流星体の飛び交う危険な場所です。
それでも地球という青い星は,この“射撃場”のような宇宙空間を
ほとんど無傷で飛行しています。
驚くべき防弾チョッキ―強力な磁場と特別製の大気―で身を固めているからです。


地球の磁場:
地球の中心部では,溶融した鉄の塊が回転しており,
それが,宇宙空間にまで広がる強力な磁場を作り出しています。
この磁場は,強力な宇宙放射線から,また太陽の及ぼす危険な影響力から
わたしたちを守ってくれます。
その影響力には,太陽風(定常的なエネルギー粒子の流れ),
太陽フレア(何十億個もの水素爆弾に相当するエネルギーが短時間で放射されること),
太陽の最外層つまりコロナで起こる爆発(何十億トンもの物質が宇宙空間に噴出される)
などがあります。地球を守る磁場が存在する証拠は目で見ることができます。

オーロラ(地球の磁極付近の大気圏上層での色鮮やかな発光現象)がそうです。

これは太陽フレアと,コロナでの爆発によって引き起こされる現象なのです。


地球の大気: 気体でできたこの“毛布”は,
生物の呼吸を可能にしているだけなく,
防護壁の役割も果たしています。
大気の成層圏には,酸素の同素体であるオゾンが多く含まれており,
宇宙からの紫外線を99%も吸収します。
ですからオゾン層は,人間やプランクトン(地球上の酸素の大部分を生成している)など,
多様な生物を危険な紫外線から守る働きをしています。
しかも,成層圏のオゾンの量は一定ではなく,紫外線が強くなると増加します。
オゾン層は,堅固でありながらも柔軟な防護壁なのです。


大気は,宇宙から毎日降り注ぐ大小さまざまな無数の物体からも守ってくれます。
それらの物体ほぼすべては,大気中で明るく輝いて燃え尽きます。
いわゆる流れ星です。しかし地球の防護壁は,熱や可視光線など,
生物に不可欠なものは遮りません。大気は,地球全体に熱を行き渡らせ,
夜には熱を逃がさない毛布のような働きをします。


   以上転載


ニュース番組で、宇宙から見たオーロラが放送されました。
もう、神々しいくらいだと、映像を見た人たちの感想です。








ここは、震災の津波の後の陸前高田市です。


052_convert_20140120191736.jpg




宇宙飛行士の明るさは、

励まされるような気がします。

たとえば、若田光一さん




この若田さんのyoutube動画





ある意味、命をかけて夢を追ってる
非現実な世界に生きる人。
でも、そこにあるのは、人間力とユーモア





Uchū Kyōdai (宇宙兄弟)
       
  映画より~



そして.....











若田光一さんは、船長さんですね。
宇宙飛行士・若田光一。日本人初のコマンダー(船長)として、
世界15カ国が共同で運用する「国際宇宙ステーション」の指揮を執る。





コールドプレイのかっこいい曲!

宇宙兄弟主題歌(コールドプレイ)





ある雑誌の科学の記事より~



膨張する宇宙


アインシュタインは,当時入手可能だった証拠に基づき,宇宙は静的なものである,
つまり膨張も収縮もしていない,と考えていました。
しかし,1929年にアメリカの天文学者エドウィン・ハッブルが,
宇宙は膨張しているということを示す証拠を提出しました。



ハッブルは,夜空にぼんやりと明るく見える幾つもの部分に関する長年の謎を解きました。
それらの部分は,ガスの雲のように見えるので,星雲と呼ばれていました。
それらの星雲はすべて,銀河系の中にあるのでしょうか。
それとも,1世紀以上も前にイギリスの天文学者ウィリアム・ハーシェル卿(1738‐1822年)
が述べたとおり,銀河系の外にあるのでしょうか。



ハッブルはまず,そうした星雲の一つであるアンドロメダ座の大星雲までの距離を概算し,
その大星雲は実際には100万光年かなたの銀河であると結論づけました。
100万光年かなたといえば,わたしたちの銀河系の果ての
ずっと向こうということになります。
銀河系の直径は“わずか”10万光年しかないからです。
ハッブルは他の星雲までの距離も計算し,宇宙のとてつもない大きさを
明らかにしていきました。
こうして,天文学と宇宙学は一大転機を迎えます。



その後まもなくハッブルは,宇宙は膨張していると述べました。
観測の結果,遠方の銀河が地球からどんどん遠ざかっていることが分かったからです。
しかも,遠い銀河ほど速く遠ざかっていました。
簡単に言えば,今日の宇宙は昨日の宇宙より大きいということです。
ハッブルは1929年に画期的な論文を発表し,宇宙の起源に関するビッグバン理論の発展に
道を開きました。この理論によれば,宇宙は約130億年前に大爆発によって
誕生したことになります。とはいえ,まだ全体像がつかめたわけではありません。

      
             以上転載


なぜ宇宙は加速的に膨張しているのか
    
ナショナルジオグラフィック ニュース





クリック募金



クリックで救える命がある
コスモ石油には、震災後の森をきれいにするというボタンがあります。
もちろんそれ以外も。。。


関連記事

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

コメントありがとうございます。

宇宙は、いろいろな想像力をかきたててくれますし、
現実ではあるのですが、現実離れしていますね。

誰もが共有できて、
さわやかな気持ちになりますね。

宇宙飛行士の大切なスキルには、
人を楽しませるということもあるらしいのですが、
宇宙食の動画は、すごく笑うことができました^^。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

コメントありがとうございます。

こちらこそ、いつも、訪問やコメント
本当にありがとうございます。
少しお休みになって、また落ち着いたら
是非、また、ブログを書いてくださったら
励みになります^^。

絵画や洋楽やフィギュアスケートのことを
もっとたくさん教えていただいたり、
お話したりしたいです。
再開したら、また、よろしくお願いしますね!
非公開コメント

プロフィール

Author:yukoeden
女性
東北に通ってます。被災地は大変です。
リンク先には、クリック募金や助け合う
などの情報がリンクしています。
時間や体力やお金を使わなくても、
誰にでも、できることが見つかります!
助けを得られる情報も出ています~。
ひとりひとりの力が必要とされていて、
小さな力も、行動は届きます<(_ _)>

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。