FC2ブログ

幸福と希望への物語を考えてみた⑤「調和を意識する心」 Disaster と Recovery@コルトレーン


南半球なので、今は冬である南アフリカのヨハネスブルグの人々は、



ジャズが大好きだそうです。

毎年ヨハネスブルグで行われる

大きなジャズのフェエスティバルは今年で12周年を迎えたそうです。
  
Joy of Jazz♩



そういえば、前回のワールドカップは、南アフリカでした。
アパルトヘイトなどのつらい歴史があった南アフリカですが、
音楽やスポーツは、心をひとつにできますね。
文学や映画、絵画などの芸術もそうかもしれません。。。


ここのところ連日夜中にfc2のメンテナンスがあって、
いつものように早朝のブログ活動ができずに
7月16日には、こういうことを書いていました。


16日の午前2時~7時過ぎても
久しぶりのfc2のメンテナンスで、更新できなかったので
(夜中からメンテナンスご苦労様ですね。
いつもは、多少ずれたりしますが、この時間のうちのどこかで、
もちろん眠ったりするあいまに^^更新しています)


今、帰ってきて遅くなりましたが、更新しています。
本日暑くて、熱中症になりそうなくらいふらふらになり
コンビニで買った、氷と熱中症対策飲料で、生き返りました。
どこにでもあって、すぐに行けるコンビニってすごいです。 (*^_^*)


コンビニも、森のようですね!涼しい~
水分も手に入って泉のようです。。\(^o^)/




ジャズの


  
無料で聴けるインターネットラジオ 

たくさんのJazzをいろいろと楽しめます。。



さらに、コルトレーンの

John Coltrane. Giant Steps.





かわいい森の中の雑貨屋さん

荵晏キ・601_convert_20140711182042


ある出版物で、書いていた.....

地上の生物は,高度な秩序を保っていて
宇宙と地球は,生命を支えるようできているということ;


地上の生物はすべて,太陽から来るエネルギーに依存していて


このエネルギーは,放射線として宇宙空間を透過し,
様々な波長で地球に到達するそうです。
荵晏キ・595_convert_20140711180808


波長が最も短いものは致死的なガンマ線だそうです。
その次がX線で,紫外線,可視光線,赤外線,マイクロ波と続き,
最も波長の長いのがラジオ波だそうです。


荵晏キ・610_convert_20140711182843


注目すべきなのは,地球の大気のおかげで,有害な放射線の大半が遮られ,
それ以外の放射線だけが地表まで届くことだそうです。

荵晏キ・533_convert_20140711181309


可視光線は,太陽放射線の幅の広い波長帯域のうち
わずかな範囲を占めるにすぎませんが,その光が生命に必要不可欠で、
光は,植物が人間の食物を生じさせるのに,
また、人間が物を見るのに必要ですね。
大気は特に光を透過しやすく、大気があるので
紫外線はごく微量しか地表に届かないそうです。


ある種の紫外線は人体にとって不可欠だそうです。
わたしたちは,ビタミンDの生成のために紫外線を少し浴びる必要があり
ビタミンDは,骨の健康のために肝要であり,がんや他の病気の予防の
ためにも必要と考えられるからだそうです。


しかし,紫外線を浴びすぎると,皮膚がんや白内障が引き起こされます。
大気は,本来の状態にある場合,この紫外線をごく微量しか地表に届かせないそうで
そして,それがちょうど良い量なのだそうです。


酸素の確保,森林の維持は,大切なんだなとおもいます。


コルトレーンのバラードのアルバム

Ballads. John Coltrane Quartet.


マイ・フェイバリット・シングス- ジョン・コルトレーン




ジャズは、ほんとうに知らなかったけれど、

マイルスデイビスやジョンコルトレーンは、もっとも有名な

ジャズのミュージシャンだということで、聴いてみました~。



初めて「ちゃんと」聴いたコルトレーンは、

サックスやフルートやクラリネットといった木管楽器で演奏していて

聴いてると、すごく落ち着きますし、がんばろう~という気持ちになります。



森の小川です。

荵晏キ・630_convert_20140711181825




多記さんの詩と「対話」をさせていただくことが

震災のディザスター(disaster)からの復興を見つめることでもあります。


象徴的な用法として、木が個々の人をあらわすこともあるようです。


人は何も持たないで生まれます。


災害で、ひとたまりもなく日常や身近な人を亡くしてしまう弱い人間;


(同時に、誰でも)人は、震災と関係なく ある意味

生まれることだけでも”Disaster ”でもあるかもしれません。




「希望と幸福」を探求していくときに、

知らなければいけないのは、「別れ」かもしれません。

結局、どんなにつながりを求めても、

家族のようにある種絶対の存在を持っていても

「別れ」は、学ばなくてはいけないことかもしれません。



人は、なんとかできるのは、自分自身しかなく、

そこに、希望や幸福のなにかしらは、あるのかもしれません。


災害やパニックの事を「ディザスター」と呼び、
同様に、災害からの復旧作業を「ディザスター・リカバリー」ともいうそうです。



このかえるは、手を開いた大きさくらいありました^^。
大きくて驚きました。こんなに大きい蛙がいるのと;

近づいて、写真をとってもじっと動かず。。。


荵晏キ・635_convert_20140711175742


「調和を意識する心」というテーマに

私たちの心の旅で、たどりついたここまでの過程として

多記さんが、この調和の詩を三つ書いて書き直したりして

この詩に至ったということは、腑に落ちます。





調和を意識する心

稲穂多記

包丁を持つ手は薔薇の棘よりも優しい
薔薇の棘は無慈悲だけれど
人の手よりも平等だから
憎しみに変わることはない

小さな風は私より
光に溢れて先を見る
光は近くが見えないから
私の暗さは丁度良い

言葉の通じぬ仲のまま
アナタとわたしは向き合って
また、どこかで会いましょう

何も伝えぬままでいて
わたしがアナタに触れたように
静かな時を過ごせたように





木が人間をあらわすとしたら、まず、個として

自分を見つめてみることは、ひつようだと教えられます。。。


最近、尊敬する年長の複数の方から、何度も聞く言葉である

「感謝」すること。それは、私の母からも

もっとも大切なことだと教えられていることでもありますが、



次は、感謝の表現として、

多記さんが、

「おひさまの歌(仮)」とか「おむすびの歌(仮)」とかwでもいいですか?
その中に感謝や勇気なんかを込めて。

と、言ってくださっています。


その歌の詩にいずれ、曲をつけていければいいなと

おもっています。

「歌」や「踊り」は、人の生活によりそってくれる

圧倒的な力ではありますね!


そして、これからも、希望と幸福への物語を知っていきたいです...



荵晏キ・623_convert_20140711182421


荵晏キ・620_convert_20140711183630



クリック募金
    

クリックで救える命がある
コスモ石油には、震災後の森をきれいにするというボタンがあります。
もちろんそれ以外も。。。


ホスピタリティクリック募金  


スポンサーサイト



希望と幸福への物語を考えてみた④「愉快] * ワールドカップ開幕


富士山五合目の星空 2014年6月




崇高なメッセージを込めていた
すばらしい楽曲でもある、Michael Jackson - Earth Song
今、その芸術が星として輝き続けるマイケルジャクソン




ノルウェーの写真家が収めた映像。
世界遺産にも登録されているテイデ山から微速度撮影された空と宇宙の美しさ
微速度で見た空と宇宙はかくも美しい動画


2014年、春から夏にかけて土星が見ごろとなるそうです。
なんといっても土星はその環が特徴的で、
小型の天体望遠鏡でじゅうぶん観察できますので、
楽しみましょう。と、あります。

土星を見ようAstroArtsより~


そして。。


美し過ぎる宇宙から見た夜の地球動画




浅草のかわいい食べ物屋さん
縺ェ縺ゥ豬・拷+082_convert_20140608231129


浅草は、風情があって
縺ェ縺ゥ豬・拷+054_convert_20140608075133


おしゃれなお店もたくさん
縺ェ縺ゥ豬・拷+085_convert_20140608075418

開幕したワールドカップ。

ブラジルでは、ワールドカップの開催を反対する国民も
かなりいたようです。
開幕の日も、デモのニュースが。


スポーツは政治や利権とからんだりするとも言われていますね。


サッカーはとても素敵なスポーツですが、極端な応援から
いろいろな危険があったりします。

また、テロなどの心配もオリンピックとともに大きな国際大会
なので、ありますね。

ヘディングがかなり頭にダメージがあるというサッカー、
選手は、ケガとの戦いかもしれないし、
スター選手は、ひとにぎりで、その裏には、
悲しい思いをした人もたくさんいることでしょう。


そういうことも考えていたいと思っています。


それでも、ワールドカップのサッカーのテレビでの観戦は、私のように
あまりサッカーを知らなくても、楽しみです。


ベスト16の南アW杯の復習
グループステージ突破までの感動をまとめた動画
タマシイレボリューション♪Superfly


南アW杯 日本代表グループ予選ハイライト



ワールドカップ 日程一覧
日本は、日曜日に朝10時から、コートジボワール戦ですね。

グループC

日本、コロンビア、ギリシア、コートジボワール


2014 FIFA ワールドカップ ブラジル大会 スポーツナビ


スポーツニュースでは、連日の放送
ワールドカップ。楽しみです~
【試合】のサッカー入場曲




たくさん撮った浅草の写真
人力車がありました。
縺ェ縺ゥ豬・拷+038_convert_20140609234225

雨だったからか、飲み屋さんの入り口は、ビニールのおおいが
縺ェ縺ゥ豬・拷+039_convert_20140609234519

まるで、映画のセットのような
縺ェ縺ゥ豬・拷+040_convert_20140609233716

これは、浅草ではなく、途中の駅でのハードロックカフェ
ハンバーガーを中心としたアメリカンレストランで
北アメリカ、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、中近東、カリブ海、アジアなど
世界の主要都市に120店舗以上がある
縺ェ縺ゥ豬・拷+121_convert_20140608081421

先週末、出かけた浅草。
行って遊んで帰ってくるまで、
全部合わせて、午前10時半くらいに出かけて
午後3時には家に戻り、わずか4時間半くらいの短いお出かけの後
録画した日本代表のザンビアとの試合を見ました。
結果がわかっていたけど、けっこうドキドキの試合展開;


サッカー公式(NHK)ソング。
女性シンガーの起用は、珍しいですね。Superflyはあった;

椎名林檎さんの。。




番狂わせは、どんな分野でもあまりあってほしくないけど、


番狂わせがあって、本田さんのような


クレイジーな情熱が何かを引き起こし、ずっと、日本代表を


わくわくしながら応援できるといいなとおもいます。



そして.....




希望と幸福への物語を考えてみた④ 「愉快」


言葉の力や大切さを教えてくれる稲穂多記さんは、
頼りになる思考の名手でもあります。
プライベートなことは、一切話さず、
ただ、詩と作文のことだけやりとりするなかでも
そこから、帰着点を見出していきます。
互いの共通して納得できる基軸を探り見つけていってます。


あるとき、多記さんが、こういうことを書いて送ってくださいました。

「私は自分の詩になにか期待してるわけじゃないんです。
良い詩を書きたいわけでもないし、
書かなくてはいけないわけでもないと思います。

誰かの為でもないし
誰かの為になるとも思いません^^。

それじゃあ、なんで書いてるんでしょうね(笑)

でも、それでいいんです^^。それが愉快なんです。」 


それをいただいて、私は、

次の希望と幸福への物語の

お願いしたい詩の題が浮かびました。



私からの返信は

>でも、それでいいんです^^。それが愉快なんです。

これ、この言葉!

人は、病気にもなるし、事故にだってなる。(遭う)

死ぬことはまちがいないわけで、

寿命も人それぞれですよね。


多記さんが書いてくださった「愉快なんです」というこの言葉@

これ、次の希望と幸福への物語の詩のテーマに、

「愉快」ということば。。。よくないですか?と、書きました。

(※このやりとりの公開。
もちろん、多記さんの許可を取っています)



笑うことは、

してはいけないときもあるし、できないときもあります。

それでも、

浮世離れの、何も持たない(執着を捨てた)人がいたら、

こう言えるかもしれないですね。愉快だなあって

そして、自分のすべきことに真摯に取り組んで楽しんでいたら。。

そういう人を見ると、とくにそう思うかもしれません。

それに応えて作ってくださった詩が、





 愉快

稲穂多記


たまに、
目が覚めて少し早い
静かな朝に

気分なんてものが
これから花に付こうとする雨粒の――
林道のように

映し出すもの全て
対の呼吸のように――

手を引くわけでも引かれたわけでもなく
滔々と循環する上下の世界が

私の血の薄らいだ絵のようで、
愛おしい

――それゆえ
 剥がれ落ちていくことを厭えば
 陽を避けて夜を待ち

 躊躇いながらも踏み越えれば
 また新たな月が囁く――

気がついたことのようですが、
日々同じことの繰り返し

同じでありながら
積み重なって見えるのです



_______________________________________
                  




そして、さらに、 多記さんは、このように書いてくださいました。                       
「世界って一人ではないし、二人だけということもないですよね^^。
多種多様であることが自然で調和していることが平和なのだと思います。

大切な のは調和を意識していることなのかな思います。。
そう考えると音楽も同じですね^^」



”人に依存すること”は、人間同士
できるときもあるけど

それは、「答え」ではなく、

「調和のなかに、いかに自分の任務というか使命を果たすか」...


おおげさに考えなくても、

たとえば、美味しいレストランの厨房だとしたら......、
音楽では、オーケストラだとしたら.....、
あ、そうだ!サッカーのチームだとしたら.....、


自分の得意でやりたい分=すべき分を
責任をもって受け持つ。。。というようなことだとおもいますが...


人の任務や使命をも尊重するということも含み、


多種多様であって自然で調和している平和を
求めていくということを自覚していくことが
人それぞれの分と幸福かなとおもえます。。
つまり、ずっと考えている
希望と幸福への在り方かなとおもうようになりました。


ちなみに.....


あくまで、私的な感想ですが、サッカーの選手でいうと
(ファンといえる選手は全く誰もいないのですが)
イメージとしては、岡崎選手って
愉快って感じがします^^。
試合で頭をけがしようが、かまわず、がんばって
走り回ってるし、空気のよう~

もちろん、どの選手もオンリーワンで、
みんなすごく頼もしいですね!



ところで...




今日の世界に存在する数々の言語グループ
それらは根本的に、似ているのか、それとも異なっているのか。
認知科学を専門とするある学者は、
「言語学者が世界の諸言語(7,000ほど。分析されるのは、そのごく一部)
を深く研究するにつれ、数え切れないほどの意外な相違が浮かび上がった」
と書いています。


言語によって、考え方や、身の回りの物事の描写の仕方は異なるにしても、


それでも、人間が持っている思考力で、
考え続けることをすれば、
そこには、ある程度、うつくしい共通項が在る
かもしれないですね。



クリック募金
    


クリックで救える命がある
コスモ石油には、震災後の森をきれいにするというボタンがあります。
もちろんそれ以外も。。。

希望と幸福への物語を考えてみた③ 暖気行脚のんきあんぎゃ * PC打ち込み音楽



追記。5月3日


この4月から、すごくいそがしくなってしまいましたが
やっと連休で、ほっとしています。
なんとかこのブログを続けられて、よかったです。
いつも、感謝しています^^。

本日より、遠出をします。

帰ってきたら、またよろしくお願いします。









心やすらぐカノンの調べ

PCの打ち込みで~




繧√′縺ュ+014_convert_20140327125850繧√′縺ュ+011_convert_20140327130722


実は、このメガネ
パソコンやテレビの画面を見るための専用のもので
訪問させていただいている同じFC2の方のブログでの
紹介で買ったものです。
このタブレットを使うときにはメガネはかけませんが、
ノートパソコンでブログを書くときには使います。



FC2でブログを書いていなければ、
自分では 思いつかなかったとおもいます。



別の訪問先では、

「花が咲くのは、笑うこと」だと

教えていただきました。



本当に、いろいろと教えられたり、
楽しませていただいたりしています。
ありがとうございます。




こうして出会った稲穂多記さんが、
昨年の3月16日に
やりとりするなかでなんとなく
考えて書いてくれた詩です。
本人が覚えていなかった即興の詩




稲穂多記


夏の思い出を花の頃
穏やかなこゝろ と 芽吹きとが
春風厭えし桜を想い――
小さくとも移りゆく日足の、あと――



このときから一年以上たちました。



それで....



多記さんの詩で、ことばが好きになりました。

言葉で、心で考えられるようになったかもしれません。

つぶやきはじめて、作文して

「絶望から希望への物語を考えてみた」を

一人では、無理だと思った頃に、

多記さんと出会って⑧から一緒に書き始めました。




絶望から希望への物語を考えてみた⑧ 死の悲しみ



すると、ちょうど、きりがよく、

⑩をもって、絶望は、「おいといて」

希望と幸福への物語を、作文し始めました。

言葉の達人、多記さんの詩といっしょに。。



幸福論や人生論といったものは、

普通に生きられる人に向けてのものは、大事ですね。

私は、それがないと、生きられません。

物理的なことだって、たとえば、収納の仕方や、おいしい料理の作り方も

「目からうろこ」の方法が知りたいです。



それでも、ほんとうの(絶対の)

幸福論や人生論といったものは、

今回のなんともやるせない船の事故、冤罪で無実なのに死刑が執行されたような人

そして、二万人もの方の命が失われた、わずか3年前の津波のことなど

そして、それをめぐる、今なお関連死や自死が続いている被災した場所。


その人達にもとどく、希望の人生論や幸福論であることこそ

夢や幻(ヴィジョン)、そして、本当のスマイルかなと思っています。




PC打ち込みによる

浅田真央さんのオリンピックや世界選手権の
フリーの曲だった「ラフマニノフ ピアノ協奏曲.第2番 」
ピアノの譜面のみからオーケストラパートを作っているようですが
この大作をここまで作り上げた情熱や根気がすごいですね。




昨年の秋、船で韓国に行きました。

その同じルートのキャンセルが相次いでいるようです。

DPP_0006_convert_20140428130100.jpg

DPP_0005_convert_20140428125726.jpg

韓国の街
DPP_0019_convert_20140428130913.jpg

DPP_0042_convert_20140428133056.jpg

DPP_0024_convert_20140428132649.jpg





希望と幸福への物語を考えてみた③





ことばは不可避。

(詩は不可避)

言葉で考え、知っていく。自分を教える。



ちゃんと考えられるように

全てを肯定し、受け止めてから

それから、ゆっくり、とことん

考える。




2014年、4月末

韓国の船の事故。

無実の人の処刑のニュース。

震災後の自死の多さ。



とつぜんの;

事故や冤罪や災害は、

誰にも、いつふりかかってくるかわからず


どうしようもない悲しみの出来事。



それでも、長く生きられた人の

認知症やそれに伴う介護のことなど....

力弱いわたしたち人に、生涯を通じてつきまとう

苦しみのようなものもあって。。



一歩踏み出すのも怖いような

石橋もたたかずぶるぶる震えているような

そういう

追い詰められた気持ちになってしまいそうな時もあるけど...




でも、




その一方で、

毎日のごはんを食べたり、

季節の雑草の花が、誰の世話もうけずに咲いていたり、

渡り鳥が、またやってきたり。。

犬が近寄ってきて笑ったり(犬、笑いますよね)

猫がかっこよく、遠くを見つめる目;などをしてそうだったり



そのあいまに、生活をしていかなければならなくて....



日常をすごすために

自分をなだめていく技術、知恵。。

ほんきののんきさ@



人に必要な希望は2種類必要なのではないか。

ひとつは、毎日を生きる技術。

楽天的であることのベスト。

少しでも良い人であろうとする尊い努力@

人生というものが与えられた人には。。
(生きることが出来なかった人がいて)




でも、もうひとつの絶対的な希望があって(必要で)

深淵な、消えない

テクニックではない希望!

人の命について!!



ほんきののんきを保ちつつ

状況にのみ込まれないように

そこから、物語にたどりつけるように。

のんきのすごさ、すばらしさを

多記さんが詩にしてくださいました。


 
  暖気行脚/のんきあんぎゃ


稲穂多記

一歩踏み出す処から
いつかはどこかへ帰るもの

いつかどこかと示されて
継ぎ目のない陽に洗われる

剥がれた路を蹴り出して
迷えば壁に背を預け
他人を求めた人もいい

悲しくなった誰かの歌が
雑踏を生む通りから
微かに聴こえた人もいい

潔白の上で目が覚めて
知らず知らずに夜も来て
辛いと言わない人もいい

疲れたのなら自然と眠り
お腹が空いた――
おぼろげに

日陰に飛んだ水仙も
迷った一歩を笑う





決定的な

事故や冤罪や災害にあった

最低最悪に思えることに遭遇してしまったことに対する

ほんとうの報いのような、

目の覚める希望のようなもの。





本当の愛と真実の物語を

知ることができるように

「考え続けること」を続けていくことができるように

心を保つための

暖気行脚/のんきあんぎゃ。



現代文明は、すごいですね。
PC打ち込みによる。ベートーベン 交響曲 第五番 運命





いつでも.....


天体の話は、良い意味で現実離れしていますし、

面白くも感じるのですが。。



銀河の大きさを思い巡らすと、畏敬の念に打たれます。


天の川銀河の直径は推定10万光年。

※光年light-yearは、主として天文学で用いられる距離(長さ)の単位であり、
約9.5兆キロメートル、正確には 9 460 730 472 580 800 m ~wiki


光が、秒速30万㌔というすさまじいスピードで進み
その光でも、この銀河を横切るには10万年かかるそうです。
そして、その何倍も大きい銀河もあり、
この広大な天を単なる布でもあるかのように
『張り伸ばして』いるようです。





極小の星間塵の粒子から極大の銀河に至るまで
すべてのものは、
物理法則に従って動いているので

科学者たちは、天体の精緻な運行を
細部にまで注意の行き届いたバレエの舞踏法に
なぞらえているほどだそうです。





クリック募金
    


クリックで救える命がある
コスモ石油には、震災後の森をきれいにするというボタンがあります。
もちろんそれ以外も。。。


希望と幸福への物語を考えてみた②「光」 * ベートーベンの交響曲







ベートーベン 交響曲 6番 「田園」

指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン
演奏:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団


ベートーベンは、「運命」とこの「田園」をセットで作曲をしたようです。

「運命」と人の故郷のような郷愁をさそう「田園」...
「運命」は5番でⅤですが、
ダダダダーンという最初の出だしの4音は、
モールス信号に置き換えてもⅤを表すようで、
勝利(Victory)に通じるとも言われているそうです。







数日前の、このニュース

78才で、ずっと闘病中だった世界的指揮者小澤征爾さんが、
水戸で、指揮をしたニュースです。

ベートーベンの交響曲第4番をダイナミックに指揮し、
約35分間の演奏を終えると、客席からはブラボーという声と
大きな拍手がわき起こったそうです。




これは、小澤征爾さんの
ベートーベン 交響曲 「運命」





同じFC2のブログで、小澤征爾さんとのことを
日本で、報われないスタートをした音楽家として
詳しく書かれていた記事を見ました。







ベートーベンは聴力を失っても作曲しました





音楽に、「絶対音感」というものがあります。

その音を、その音本来の振動数で音は存在する。



ある振動数を持ったド。

その音のみをドと聞き取り

レやミも固定した振動数のものを感じ取る。



それに対して、調が変わると

ドレミファソラシドが変わっていく「移動ド」というものがあります。

「絶対」に対して「相対」



ドイツ語は、C D E F G A H C (ツェー デー エー エフ ゲー アー ハー ツェー)で

「固定ド 」ですね。

だから、ピアノなどの楽器を学ぶときには、

シャープやフラットなどの音も含めてドイツ語で学びます。




私は、変わらない絶対の真理や真実のようなものが

光だと思っています。

個人の変わっていくかもしれない「主観」というものがあるとしたら

個人の主観と関わりないところで「客観」がある。

それは、「事実」と呼んでいいものかもしれない。

そう、思っています。

そして、

それを知ることができたのであれば、

傍観の寂しさや物足りなさは、乗り越えられるかもしれません。




「絶望から希望への物語を考えてみた」と題して

このブログを書きはじめてから、

はじめは、自分だけで、

この「絶対的客観的事実=変わらないこと」を捉えたいと思っていました。

番号を①からふって順に書いていき、⑦で

宮沢賢治の詩のなかから

”世界全体が幸福にならないかぎりは、個人の幸福はありえない”

という言葉にたどりついた頃に

詩を書く稲穂多記さんに出会いました。

私たちは、縁を感じて、この

絶対の客観、すなわち、変わらないものを探す旅を、

いっしょにしています。





人に相対的なもの、つまり、変わりゆくものを教えてくれるのは、

「時間」だと思っています。

それを知らせてくれる「時」がある。

それを「希望」だと呼びたいのです。

なぜなら、共有できる「事実」であるから。



「絶望から希望への物語を考えてみた」の⑦では、

宮沢賢治の詩とともに

「愛は決して絶えません」という

聖書のコリント人への手紙13章8節も引用しています。

「時」という詩のテーマを多記さんにお願いし、

それを書いていただいた新しいシリーズから、それまでの

「絶望から希望への物語を考えてみた」は、きりのよい⑩で終わり、

「希望と幸福への道を考えてみた」というシリーズに自然に

変わっていきました。

委ねた「光」というテーマに多記さんは、全身全霊でこたえてくださいました。








 光


稲穂多記



手を取りあったその中には
独り目を瞑り
顧みる暗がりの星空はなくて、
航海の波紋に降りる月もありません

抱きしめ合ったその中には
ひとつに成れないその間
遮るものなきその間
触れている部分の暈の連なり

伝えあうことの彼方には
戸惑う私は車窓のおもて
受け入れられ
託されたもののみで通じている

目眩のようなものじゃない
あなたは私の光です

________________________________________



今回は、心の光というか、
自然光ではない光について考えてみました。
手の中や抱き合った間、心と心。
それらは、一見暗がりにあるようで、
たしかに光として感じられる。
それを現実に引き寄せることで、
そこから希望が湧いてくるような気がします^^。

いなほ



以上は、多記さんからの言葉です。




クリック募金



クリックで救える命がある
コスモ石油には、震災後の森をきれいにするというボタンがあります。
もちろんそれ以外も。。。


希望と幸福への物語を考えてみた① 星歌☆ネットでプラネタリウム@








お気に入りのこの歌は、
素朴な歌声で
メロディもシンプル。
それでも、こころにしみいるすてきな歌。



<星歌>MOTHERサウンドトラック-Eight Melodies-(歌詞・和訳ver)



このゲームの作者の糸井重里さんは、
リンク欄にある「ふんばろう東日本プロジェクト」を
支援しています~
津波でおじさまを亡くされた早稲田大学の西條先生が
立ち上げました。



直接人から人へということで、
仙台のご実家に必要なものを
車で届けるというスタイルからはじまりました。




はじめにもっていったのは、
使わなくなったパソコンや衣類や食器を
お友達から集めてもっていきました。



今では、やはり、当事者の立場にたって、
誰にも負担にならないかたちを模索しつつ
できることを、できるだけ、
そのまままわっていくようにと
淡々と
それでも、
拡大もして続いてもいます。。。








画像を見るだけで、おおきな気持ちになれます~





星の美しさは何にも勝る慰めですね。





愛の夢 オリオン・冬の星座(八ヶ岳)






           





 アイソン彗星
太陽最接近までもうすぐ だそうです。

☆お星さまドットコム

21日には「オリオン座流星群」がピークを迎えます!
今年は、お月さまが夜の間出っ放しのため条件は今一かな。
この頃から「冬の星座」が夜空に広がり始めます。
おうし座の「アルデバラン」や「木星」たちも徐々に昇りはじめ美しく見られます。
(転載)
との説明が書かれています。。。



大好きなプラネタリウム 


     ここは、ネットで楽しめる楽しい夢の場所

いろいろとクリックして遊べますし

サイトマップ

いつも、☆星が楽しめます。






「絶望から希望への物語を考えてみた」は、

⑩時間と題したこの記事→  で完了していたことに気付きました。

「時間の流れ」が、人に、道や個性を演出してくれるという希望や、

大事なことに気づいていけるということがわかったからです。

つぎは、「時」という題で書いてくださるかな~と

あのときにも文中でお願いしていましたが、

この詩を送ってくださいました。



時の詩


 虹彩

稲穂多記

陽の光りは美しく
虹彩を伏せて
私たちに探せと言う

幻に代わる
導きの灯を
私たちに探せと言う

気がついたものに
眼を背ける弱さを
私たちは口にしない

瞳に 頬に 歯に
受け入れるべきものを
私たちは口にしない

遥かに弱いものの手は
黄金の稲穂を泳いでゆく
斜陽に流れてゆく

波はみな抱えるため
圧し固めようとする
私たちは私たちと呼びあう

私たちは知っていて
波を抱えられるのは
自らに舵をとる者たちだと

けれども

気がついたものに
眼を背ける弱さを
私たちは口にしない

城など建てては
日々影を回す
時を知り見上げれば――

陽の光りは美しく
虹彩を伏せて
私たちに探せと云う

幻に代わる
導きの灯を
私たちに探せと云う



絶望から希望への物語は、⑩で完結し、

希望と幸福への物語①~として、

ブログという私たちにあたえていただいているこの表現の場で、

これからも。。多記さんと一緒に。。。

何かを考えたり、何かを作ったりしていけたらと願っています。






そして.....、





愛の挨拶 
  
エルガーの曲をアレンジしてピアノを弾いてます~

写真も自分で撮りました^^;




クリック募金

クリックで救える命がある
コスモ石油には、震災後の森をきれいにするというボタンがあります。
もちろんそれ以外も。。。

追記

嵐のような台風が通り過ぎて、
私の住んでいる所も、大変な嵐でしたが、
ニュースによると、大きな被害が出ているようで、
本当に、災害は、突然かなしみをもたらします。
大切な命。。。
警告は慎重すぎるくらい大声であってほしい。


この台風で、
行方不明の息子さんを探していた方は、
宮城のかたで、津波で家が流されたときに、
その息子さんが、水をもって
かけつけてくれたと話していました。



めったにないような話ですが、



現実;事実は、理不尽;不条理きわまりないことも多くて




発展途上国にインフラの整備の仕事に出かけていた方が、
襲われて亡くなるという事件がありましたが、
その方のお母様は、東北地方のかたで、
震災後、仮設住宅に一人で住む確か80才を超えた方でした。
危険と隣り合わせのその国での日本とは違う生活のなかで
亡くなられた息子さんの楽しみは、星を見ることだったそうです。

      

ネバーエンディング・ストーリー テーマ曲

絶望から希望への物語を考えてみた ⑩ 時間という希望☆



※この希望への物語は、はじめは、震災を体験し知る者として
惨状からの希望を見いだすために書き始めました。
状況を変えることは個人的にできることではないけれど、
リンク欄には、個人的にすることができるサイトが
リンクされています。
時間も体力もお金もかけないで、できることがあります^^。


またレベル3になってしまった福島第一原発は、
怒る気力も起きないくらいすでに疲れて、
人間の愚かさと限界を感じています。
時間の経過は、
エゴイズムということや、能力の限界をも
教えてくれますね。
誰がどう考えても、原発は、人の手におえないのかもしれません。





※はじめは、震災のことばかり書いたかもしれません。
それでも、震災からあとのことを考えても
個人の生きる力を知ろうとすることと、
あの大きな前代未聞の震災への個人的な関心を失わないこと
両方大切だと思っています。




※関連死や心身の調子を崩すかたが少なくありません。

街がほとんどなくなってしまった陸前高田市。津波のあと。

岩手や宮城から、海岸沿いはずっと全部こういう感じです。
こんなに片付いていないところも、多いですが。。



震災直後の自分で撮った陸前高田市の津波のあと
       
を映像に合わせ即興でピアノを自分で弾いたものです。
その時の感情をピアノに込めていますが
今も寂しい陸前高田です。
見てくださったらありがたいです。。。




時間は、ヒトに「ある程度」真実を示す。

多記さんに、「時間」という題で詩を書いてくださいと

お願いしたその時には、
(この私の駄文でさえ、書けるかわからず^^;)



”私は、時間をとても信頼しています”

”出せる最高の可能性と希望と慰めを

時間の経過は、有しています”と感じていたし、

時間は、友達だと思っていました。





お互いにプライベートなことは、一切話していませんし、

私の駄文に、文章そのものの国語的提案をお願いすることがあっても、

私から多記さんの詩を変える(注文する)ことは全くせず、

それでも、人としての感じ方は、

だんだん同調していってるとおもいます。

時間軸があるから。。。




時間は、

すべてを網羅するわけではないにしても、

主観と客観を探り出して、

時の賢さを提示し、

ヒトの欲もいさめて、

それでも、なおかつ譲れないものを守ろうとし、

時間軸という真実にも、反省と希望とで、

寄り添おうともします。

時間が出した結果なら、納得し了承もする。
(もちろん、そうせざるを得ない。時間の前にあって人は無力でもあり)


でも、時間は、厳しいだけではなく、憐れみや許しにも富んで、

生態系が少し壊れた世界と地球のなかで、

時間は時には、真実とならないことがあるにしても

やはり、ヒトになろうとするときには、時間と人は、

おそらく、どちらからも寄り添い、

希望に向かって歩んでいくことを願う。



一つ前の記事でも確認したと思ってるヒトのふるさと地球に帰るために、

愚かささえも許しを請い、

歓びを失わないように、時間に願いをゆだね、

詩を見る前から、同じようなことを考えていたのだとおもいます。

悲愴という題名のピアノ曲で、動画を作成してくださったのは、

偶然に必然があるのだとしたら、

人は、そもそも、ヒトになるために

傷を負わないではいられず、ヒトになるために

許しを請わないではいられず、ヒトになるために、

希望を持たないではいられない弱い人であるから。。。



悲愴の二楽章は、やさしいメロディ。






 時間



稲穂多記


時間は恒にお別れを言い
何事もなくおはようと言う

ふくれっているときには
静かに遠くを見て
なにも語らずに

指先の触れるところに居て
帰ろうと
声をかけられるのを待っている

砂地を浚い満たされた感触に
忘れてしまった
雨ざらしの
置き去りの

鉢植えには
私が植えたものではない花が咲き
満足そうな顔を向けて
「おつかれさま」と
隔てた光よりも僅かにはやく
私に語りかける

 けれど、
 それはすべて
 私の声で
 それはすべて
 私の嘆き

差し伸べた手中には
三叉のフォークが握られ
荒野に在り
口に運ぶ理想を陽に炙り出され
ただ泥濘を両手に掬う

止め処なく溢れ
押し進めるものと
等しく流れるものを運び
浮かび上がるものを託そうとする

 それらはすべて
 私の声で
 それらはすべて
 私の心

喜びの中
悲しみであった時間に語りかけ
手のひらが花弁のように散りゆく時

時間は恒にお別れを言い
何事もなくおはようと言った



何事もなくおはようという朝が、

時間にはある。

それは、許しと憐れみに満ちた、

また、反省と改革も備えた、

賢さも要求される

ひとりでに生まれるような結果でもある。

時間が生み出していくものが、原因と結果すべてではなくても

自分を投影して、自己吟味と希望のありかは探せるとおもいます。





「森の物語」は、

地球のお話。

ヒトの故郷に帰るお話で、

「海」も「山」も「田園」も、文字通り”森”も

”地のすべて、あおい地球のすべて”を顧みる時間軸と時間の恩寵によって

成立するための、弱い人間の強いお話。

人をヒトへと願う者の

時間という希望の「道」のお話。。




次は、「時」という題で書いていただけたらなと思っていますが。。。



youtube動画 「時間」詩とピアノ





詩   稲穂多記
ピアノ yukoeden
ベートーヴェンピアノソナタ第8番「悲愴」第2楽章よりアレン­ジ



詩とピアノより



クリック募金
    


クリックで救える命がある
コスモ石油には、震災後の森をきれいにするというボタンがあります。
もちろんそれ以外も。。。

絶望から希望への物語を考えてみた⑨ 森の物語 & 追記@

7月8日

加えて追記です^^。

このブログを書き始めたのは、震災の三ヶ月あと。

音楽の検索で、誰かがはいってくれて、

震災のリンクを見てくれるのではないかとおもいました。

あれから、さらに二年がたって、

二万人の被害者の津波と原発事故

東北の沿岸部は、さびしいです。




こここの記事には、



宮沢賢治のことや、

パスカルとレオナルドダヴィンチ、




のことも書いています。

読んで下さったらうれしいです。。。








絶望から希望への物語を考えてみた⑨

⑧で稲穂多記さんと合流し、死の悲しみからはじまって、
老化のことを多記さんの詩で知ってみたいと思いました。



老化については、「自身に感じるもの」と「周囲が感じるもの」とがありますね。





素晴らしい詩をいくつかいただき、やりとりしている間に、
おそらく真実(愛)と思わせてくれるようなところ。
つまり、私たちが焦点を合わせたいところに、
熱が跳んで(飛んで)いきました。



「人の欲望がうずまいた世界。
先進国もそうでない国も、その、影響下にあって、リスキーなうその多い世界。
人の影響だけでなく、汚染や、病や、事故や事件もあって、
子供だって、不平等に、その影響を受けてしまうこともある。
つまり、人の命の理不尽さ。
森の物語は、その解決のキー。」
と、やりとりするなかで、私がこう書いたことがあります。


不思議なことに、多記さんは、森の物語の不成功版のようなものを
ご自身の詩の下書きというか、資料として、
「あらかじめ」というか、持っていました。
ここに出会いがありました。




希望への「焦点」をどこに定めたいか、



二人のなかでは、「焦点を森に定める」と
なっていってるのかもしれません。



私が、希望への物語の⑦で引用した宮沢賢治の

”諸君はこの時代に強ひられ率いられて奴隷のやうに忍従することを欲するか
むしろ諸君よ あらたな正しい時代をつくれ「宙宇」は絶えずわれらに依って変化する潮汐や風、
あらゆる自然の力を用い尽すことから一足進んで諸君は新たな自然を形成するのに努めねばならぬ ”



”世界全体が幸福にならないかぎりは、個人の幸福はありえない”



それで。。。



”求道すでに道である”であるならば、




老化は、個人的レベルにおいては、それぞれいろいろあるでしょう。
老化は、個人的には、長生きの歓び@ またその逆もあるかもしれません。
年を重ねる賢さは、実はとてもすごいものだとおもいます。
もちろん退化もしていくでしょう。
ハラスメントを受ける可能性もある。



ここはひとつ「公的」、つまり「世界を意識して考える」

人という大きな枠組みで考えたら、

こういう詩が、待っててくれました。




  厭世



稲穂多記



とかく、と、いえば
当然、この世は住みにくいもので――
雨後の河川に笹舟は沈む

川底に光るものを見つけては
人の放ったものばかり
拘留期限はほどなく満期に――

「ごめんなさい」と頭を下げても
あなた、このあと、忘年会に顔を出す
泥水垂らす私を尻目に

――ともなく一歩
グジュゥと溶けた音がする
三千歩(正確な数字)も歩けば固まってくる

それからが本当の寒さで
庇う為にwwっている
瞳から焦点を抜き

平面に覗いている世界は
神様の原書の四隅
落書きの跡

よく見知った面影の跡
ボトボトと涙が毀れる
私の眼を伝って原書の落書きへと

二滴の落涙で紙は穿った
その下の河で
小さな笹舟を沈めた



>「ごめんなさい」と頭を下げても
あなた、このあと、忘年会に顔を出す

この国は、歴史的にも前代未聞の森を汚す事故を起こしました。
今でも、野生の食べ物からは、その証拠がでます。
それでも、まさに事故の当事者が忘れ、権力の側によりそう。
宴会にすら、参加。


多記さんは、この詩を送ってくださったときに、

「人は落ち込んで嫌気がさす生き物ですよね。
だから理想が必ず現れて、現実に立っていることができるのですが。
ふと理想と現実の間を隔てているものが神さまなのかもしれないと思います」

と、書いてくださいました。

森の物語は、厭世から、成功へと希望へと変化していってほしいと
そうおもいます。


まったく偶然ですが、少し前に、多記さんの詩文と私のピアノで
多記さんが作ってくださった動画は、

「森のお話」でした。


森の物語は、カペラからどう展開していくか楽しみ。。



詩文 稲穂多記 ピアノ yukoeden
曲 ブルグミュラー25の練習曲 8番 「優しく美しく」





youtube こちらで目覚めの朝に陽がさせば



詩とピアノより、




クリック募金
    


クリックで救える命がある
コスモ石油には、震災後の森をきれいにするというボタンがあります。
もちろんそれ以外も。。。



絶望から希望への物語を考えてみた⑧ 死の悲しみ


ドビュッシー 交響詩 海「風と海の対話」




①からぼんやりと考えてきた

「絶望から希望への物語」は

拙いながら、恥ずかしくも続いていて、

⑦を迎えた頃に詩 を書いている稲穂多記さんと出会えました。





ここ⑧からその絶望から希望への探求と検証に

多記さんの詩をいただきながら共同で

物語の戸(扉)をたたいていけたらと思っています。




誰かがどこかで、

子供の誕生は(人の誕生は)

まちがいなくその人間に死をもたらすことだと

語っていて、ドキッとしました。



ある日突然、または、死ぬ覚悟ができるくらい用意周到に

人は死を迎えます。





その死の悲しみについて多記さんは

詩を書いてくださいました。






「悲しみ、」



   稲穂多記





それらはいつも別れ際にやってくる

城壁のような厚みと暖炉の前の熱

立ち入ってはいけないような

一方の眼差しで向き合う行為



眺めるというさらなる隔てによって

この行為は兆している

持ちうるだけの智慧と武器とを背に詰め込んでいたが

それらは新たな経験にしかならない



もっとも近しい答えは唐突に

振動によって現れた水脈に成魚が跳ねたことで

君の眼は輝き

指先で触れることができた



それはいつも別れ際にやってくる、

新たな経験として託されるもの









死を経験する者より、

遺されたそれに向き合う人のつらさ。

激しくて悲しい死の苦しみは、死んでしまえば解放されるけれど、

それに向き合わなければならない人は、

新たな経験として

その「死の悲しみ」の種類により不平等の悲しみを受け取ることと、

その悲しみに比例した使命を託される事が始まるのかもしれませんね。






死は、眠り。



そして、平等に復活がある。



希望への物語は、



そうであってほしいと思います。



のたれ死ぬ人がいるのなら、なおさら。







死に不公平がつきまとい、であれば生にも不平等がある。


「死んだのちには皆、眠って」





ただ、塵に帰り、



何らかの合図で、



時を同じくしてではなくとも生き返る@




会いたかった人に会える!




私が、納得できる死と生の平等と希望は、ここにしかありません。



子供を津波でなくした人の本当の願いは、



「その子をそのままの姿で、返してほしい」ということであって、



「どこかで、霊となって見ていてほしいということではないから」です。







ならば。。。







「老人の死」はどうなんでしょうか。



自然な死。



天寿の全う。







じゃあ、老化は.....?








それぞれの環境や老化の個人差があって、ひとくくりには言えません;






テレビで見た化粧品のコマーシャルで、ある60代の女優さんが、





ものすごく若くて驚きました。





でも、普通は、





老化が進むと本人も、周りも、難儀で。。。





数日前、老人の自死という以前なら考えられなかったことが、





私の住んでいるあたりにも起きているということを





聞きました。







この次の⑨では“老化を詩に著す”と、





どう書いてくださるのか





知ってみたいと思いました。







クリック募金
    


クリックで救える命がある
コスモ石油には、震災後の森をきれいにするというボタンがあります。
もちろんそれ以外も。。。






宮沢賢治作品館 * 絶望から希望への物語を考えてみた⑦

11日から、何ヶ月も前にチケットを購入していた

フィギュアスケートの国別対抗戦の試合があります。

午後から、いろいろとお休みして=ちょっとさぼって行きます。

ここに、国別対抗について、詳しく書かれています。

続けて、感想も書いていきます。



12日二日目終わって今電車の中で、iPhoneから投稿しています。
高橋選手良かったです。無良選手も。^_^
昨日は鈴木明子さんの演技が見事で、やはり
そのときどきで、調子があるんだなとおもいます。
一番印象に残ったのは、会場がすごく素敵
にデコレーションされていたこと。
フィギュアスケートの外国人の選手が日本を好きな人が多
いのが、よくわかる感じです。
もうすぐ着くので、本日はここまで。



14日エキシビションが終わってまた電車の中で、iPhoneで書いて
います。さっきから二回書いた記事が、間違って飛びました。
昨日は、行かなかったので、テレビで見ていたら、いつのまにか
ウトウトしていました。気がついたら、鈴木選手が優勝していました。

フィギュアスケートが好きな理由のひとつに、キラキラしたリンク
か、透明で透きとおっているからというのもあるような気がします。

素晴らしい運営の楽しい大会でした。
                  


氷のリンクを見ているだけでも楽しいので、

「好きなこと」は、「ありがたい」ですよね。


自分でも、DVDのフィギュアスケートのレッスンを見尽くしたので、

実際に、リンクに行ってみましたが^^;

「実際に行う運動として趣味として」

「スケートリンクは、楽しいし、おもしろい」ので、

「少しでも滑ってみたい」と思っています。









ニュースは、はらはらします。原発事故後の大変な状況も、

鳥イン@ルエンザ、大気汚染、ミサ@ルがとんでくるかも、などなど.....

それでも、最近、心が痛んだのは、あっという間に

極刑(死刑)になってしまう所があるという話題でした。



日常の繰り返しを大切に、小さい幸せを大切に。。

それは、とても大切で、素晴らしいこと。



それでも.....、

ある場所の人達や子供、そして、相変わらず日本でも起こる、

誰だって、自分だって巻き込まれるかもしれない理不尽な災害や、事故や、事件など






それを乗り越えられる






絶望から希望への物語は、やはり、いつでも、

考えていたいと思います。






          






人の問題は、たくさん。。。

死、病、老化、天災や人災、事故、不和、戦争などの衝突

まだまだたくさん、

誰でも、それまで、たまたま恵まれていたとしても、

そこから先の不安は、時と予見しえないことは、臨む心配はあるのだ。

でも、心配ばかりしてもいられないので、

好きなこと、例えば、エンターテーメントや、趣味を楽しむ。

私も、これがなかったら、生きられないとおもいます。

それぞれの趣味や好きなこと

養分になる




でも、もっと、事実を直視して、




例えば、死や病気や不和や災害や戦争や悪い支配を一掃する事態が来たらいいのに!

そういう状態を望むことができるのであれば、

あきらめたら、そこで終わって、それまでのことなのだから、

あきらめないで、

死や病気や不和や災害や戦争や悪い支配に打ち勝つ方法を考えて、

そこで、提示できる方法に、心を開いて、

その物語の扉を開いてみたい。












エルガー:威風堂々第1番







愛は決して絶えません(コリント人への手紙13章)





星めぐりの歌を作った宮沢賢治。



 「宮沢賢治のことば@」




もうけつしてさびしくはない
なんべんさびしくないと云つたとこでまたさびしくなるのはきまつている
けれどもここはこれでいいのだ
すべてさびしさと悲傷とを焚いてひとはとうめいな軌道をすすむ



何がしあわせかわからないです
本当にどんなに辛いことでも、それが正しい道を進む中の出来事なら
峠の上りも下りもみんな本当の幸せに近づく一足づつですから



宇宙は絶えずわれらによって変化する
誰が誰よりどうだとか誰の仕事がどうしたとかそんなことを言つているひまがあるか



新たな詩人よ雲から光から嵐から透明なエネルギーを得て人と地球によるべき形を暗示せよ
ぼくはきっとできると思う。なぜならぼくらがそれをいまかんがえているのだから
きみのやうにさ吹雪やわづかの仕事のひまで泣きながら からだに刻んで行く勉強が
まもなくぐんぐん強い芽を噴いてどこまでのびるかわからない



それがこれからのあたらしい学問のはじまりなんだ けれどもどうしても
もうできないときは落ちついてわらっていなければならん。落ちつき給え



あなたの方から見たらずいぶんさんたんたるけしきでしょうが
わたくしから見えるのはやっぱりきれいな青ぞらとすきとほった風ばかりです



雨にも負けず 風にも負けず雪にも夏の暑さにも負けぬ
丈夫なからだをもち慾はなく 決して怒らずいつも静かに笑っている
一日に玄米四合と味噌と少しの野菜を食べ
あらゆることを自分を勘定に入れずによく見聞きし分かりそして忘れず



野原の松の林の陰の小さな萱ぶきの小屋にいて
東に病気の子供あれば行って看病してやり
西に疲れた母あれば行ってその稲の束を負い



南に死にそうな人あれば行ってこわがらなくてもいいといい
北に喧嘩や訴訟があればつまらないからやめろといい
日照りの時は涙を流し寒さの夏はおろおろ歩きみんなにでくのぼーと呼ばれ
褒められもせず苦にもされずそういうものにわたしは なりたい



諸君はこの時代に強ひられ率いられて奴隷のやうに忍従することを欲するか
むしろ諸君よ あらたな正しい時代をつくれ「宙宇」は絶えずわれらに依って変化する潮汐や風、
あらゆる自然の力を用い尽すことから一足進んで諸君は新たな自然を形成するのに努めねばならぬ



世界全体が幸福にならないかぎりは、個人の幸福はありえない
求道すでに道である
無意識から溢れるものでなければ、多くは無力か詐偽である
永久の未完成これ完成である



僕たちと一緒に行こう。僕たちはどこまでだって行ける、切符を持っているんだ
真の幸福に至れるのであれば、それまでの悲しみは、エピソードに過ぎない
誓って言うが、わたくしはこの仕事で疲れを覚えたことはない







                 








そして、ここにも。。。\(^_^)/





宮沢賢治作品館・童話篇








                     






「新世界から」




クリック募金
    


クリックで救える命がある
コスモ石油には、震災後の森をきれいにするというボタンがあります。
もちろんそれ以外も。。。





マイケルジャクソンの作曲法 * スターズオンアイス * 番組全部の動画up






                   








番組全部の動画up    

SOI 2013 -full ver.-
    
スターズオンアイス 番組全部フルバージョンです。

大阪の分だと思います。一時間半以上の動画
    
日本から、高橋選手や浅田選手や鈴木選手や村上佳菜子選手、

荒川静香さん、カートブラウニングさんや、ジェフリーバトルさんも、

大阪の分なので、羽生選手も出ています。









1月13日

昨日、スターズオンアイスを見に行きました。
このブログを書いているうちに、行くことになって、
小塚選手や羽生選手は、出ていなかったものの、
世界で、現役で、活躍しているトップ選手の
浅田真央さんや、高橋大輔さん、鈴木明子さんの演技をみて、

感じたこと。




思っていた以上に、

高橋選手や、浅田真央さんの演技は、
すばらしくて、
また、ジェフリーバトルさんや、
カートブラウニングさんの実力が群を抜いていて、(私の主観)





思ったことは・・・・・、




人の持った個性=才能は、

初めからあるのではないかということです。




よくいう器@

それを、環境がサポートする。。。



でも、そのすぐれた天性の個性があれば、
自ら、その環境を選んだり、
そこに行けたりするかもしれません。



誰が、どう考えても

すごい作品を残し続けた、



マイケル・ジャクソンの作曲方法


非常にクオリティの高い彼の音楽は、

やはり、イメージ@から、来ていますね。

天分、自分、気分、本分、当分。。。。。





その時々のイメージ*





分前=わけまえのような、誰もが持っている自分*のなかにある天分*は、

当分*の気分*で、表されたり、それが、そのひとの本分*として、

誰にも、何かしら、あるのでしょう。。





もういちど、スターズオンアイスに、明日も行く予定なので、
大好きなフィギュアスケートから、
また、何かを教えられるかもしれません。





 復興支援クリック募金


1月14日


『賜物を用いる』―どのように?


わたしたちが受けた賜物に関して、聖書のなかでは、
「各々が受けた賜物に応じ、……それを用いなさい」とも述べています。
この「に応じ」という表現は,特質や能力が種類のみならず程度においても様々に異なる、
ということを示しているようです。


それでも、各々は『互いに対する奉仕にそれ[つまり、受けた何らかの賜物]を用いる』よう
勧められています。しかも、「りっぱな家令として……それを用いなさい」とあり、
これは命令でもあるようです^^。










ですから、こう自問することができるのかもしれません。
『託されている賜物を、人を強めるために用いているだろうか』。
『天から受けた能力を、おもに自分自身の益のために―例えば、
富や社会的地位を得るために―用いているだろうか』。自分の賜物を
「互いに対する奉仕に」用いるなら,神は喜んでくださる*

天分*だから。。。?


13日は、私が行った有明コロシアムではなく、
大阪のなみはやドームであったショーをテレビで観ることができました。

実際、テレビで観ても、そのショーは、温かくて、ときめいて、
いつも、フィギュアスケーターの滑りは、私を、鼓舞してくれるのです。
まず、音楽があって、スポーツであり、アクロバティックな技術への挑戦であり、
美やスタイルを追求する芸術。




実は、驚いたことに、このフィギュア人気、フィギュア王国日本のわりに、
有明コロシアムは、お客さんが満員というわけではなかったのです。
何十人もショーに世界のトップスターが出ますが、
すごくお金がはいるというわけではないかもしれません。
それでも、体を張って、フィギュアスケートを愛し、
この身体を使った、技術が問われるこの「賜物」を
才能=個性で、楽しませてくれました。
3連休で、今、夜中に、これを書いています。
(さっき、かなり、眠ったので)

また、少し休んで、連休最後の明日、
有明コロシアムに行って、幸福を味わってきます!

                                



1月14日 22時57分


ふーっ。。。
雪☃がすごくて、帰るのにも3倍以上の時間がかかり、
開演も遅れ、電車も止まったり、遅れたり、
なんといっても、ショーが終わって、有明コロシアムから電車の駅に行く時、
人の波が、全然進みませんでした。雪が固まって。。。

それでも、すごく盛り上がりました!
ジョニーウィアーさんの白鳥の湖(黒鳥)がすばらしくて、
スタンディングオベーション。高橋選手も4回転してたと思う。。。
これもすごくて、スタンディングオベーション!


ジョニーウィアーさんは、初めから、ジャンプが跳べたそうです。


ずっと見てたからだそうです。


どんなに雪がふって、電車が遅れて、疲れても、すごく楽しかった。
フィギュアスケートのすべてが好きで、すべてを忘れるほど熱中できる幸福*
このあたりにいたら、いろいろ楽しそう~。
スケートを自分もはじめます。エキササイズは、犬の散歩とスケート^^;


体幹を鍛えることが、体の芯、身体能力、運動のすべてのような気がします。


あ、駅のあちこちの自動販売機で、飲み物を何回も買いました。

海外には、あまりないようで、日本だけかもしれません。

治安の良さをものがったている




                    






何時間も待ってしまった駅では、いったん改札を出て、そこにあったドトールで、
ホットドッグとチョコレートケーキを意外なほどおいしかった紅茶といっしょに食べて、
ゆっくりしました。お茶を飲めるところは、本当にありがたいです。
どんな時にだってティータイムですね。。。




                     




ふんばろう東日本支援プロジェクトお金も時間も体力も要らずにできることが探せます。 






1月4日東北、仙台より * 武道館で、中村一義さんのコンサート@* フィギュアスケート全日本選手権






追記1月4日@

というより......、



2013年になりました*

今年もよろしくお願いします。<(_ _)>





今、仙台にいて、これを書いています。氷点下で寒かった;

来る時は、福島などで、ガイガーカウンターで線量を測定しながら

きました。。。。。




申し訳ないと、おもいます。




世界には、山があって、海もあり、大地があって、

人間がいて、動物や植物が多く住み。。。

そんな場所で、事実を知りつづけ、愛と真実に守られて

毎日を過ごせたら。。。

愛と真実=事実と解決策でもあるかもしれません。。。

youtubeで、ハイドンの天地創造の音楽を検索したら、

帰路:天地創造 というゲームの音楽を見つけました。

帰路 ~Orchestra Version~/天地創造

オーケストラヴァージョンもありました。

ゲームの内容というより、

創造されたものを、元通りに回復できたら、

この地球も人間という生き物も・・・と思います。。。

今日、これから、東北からもどりますが、

日常生活でも、一番に考えていられたらと思っています。







12月21日


さっきまで、武道館にいました。
中村一義さんの15周年記念のコンサート@
スゴーく楽しくて嬉しくなりました。



帰ってきて、少しゆっくりして、
日付が変わらないうちに、感動を書いておきたい
そんな気持ちなので、今、これを書いています。



このブログを書かなければ、このコンサートには、行かなかった。
書くうちに、響いてきたこの人の音楽だけど、
そのさなかに、十年ぶりの武道館のコンサートがあるなんて。
そういうことこそ、不思議な巡り合わせ*
チケットは、ここ数回の記事で、この人の記事をつい書いてしまうさなかに
どうしても行きたくなって。。。
ほんの半月前くらいに買って・・・すんなり買えたけど
超満員でした~。




このブログを書くうちに、たくさんの音楽を収集;するうちに、
彼の音楽に、(これまで、一応知っていましたが)
本当に出会ったのです。


可愛い音楽で、ドキっとするほど鋭くて、ものすごく知的で、

小さいことはどうでもよくなる、すごーく心や思いが生き生きと生かされる音楽と歌。


中村一義デビュー15周年記念ライブ「博愛博 2012」。
博愛主義っていいなあ。
それに尽きますよね^^。本当に。。。


緻密なのに、雄大で、調子っパズレが超カッコよくて、
ほかの人の歌を歌っても、曲がいきいき新鮮に聞こえる。。。

ゲストのくるりの岸田繁さんが、彼の「犬と猫」という曲を京都で買って
何回も聴いて。。。



中村一義 - 犬と猫

犬と猫 歌詞


中村一義 - ここにいる


この曲も、すごいって言ってて
中村さんがいなかったら、こうして歌やっていないかもって言ってました。
中村さんに「歌ヘタ~」って言ってました(笑)
ライブだと余計音程が((((⊂(´∀`o)⊃))))飛ぶ~!
でも、この人の跳び方は、音楽なんです!!
岸田さん、ジョイントした
ここにいる (歌詞)がすごいって言って、ました。



この人に救われた人が多いって、
本当にそうだとおもいます。
だって、私も。。。
こんなにやさしい人間がいるなら、人間でいたいって思ったから!





12月22日


中村さんの好きな人


ベートーヴェン、手塚治虫、宮沢賢治、岡本太郎、ビートルズとくにジョンレノン;?
まだまだたくさん~のようで。。。
「好き」で作られる力強い世界




さて、私としたことが・・・・・、
フィギュヲタなのに。。。
録画もせずに、武道館に行ってしまった<(ToT)>

来年すぐに、スターズオンアイス二回見に行く予定
フィギュアスケート国別対抗にも何日も行きます!4日中3日。
わざわざでかけたいほど、好きなものがあって良かった!
実は、見に行こうって思ったのは、中村さん効果かも@
今までは、テレビで十分でした。
でも、フィギュアスケートは、テレビのほうが見やすいかも。
コンサートだって、ライブである必要はない;




全日本選手権@すごくすごくすごい日本!
そのなかでも羽生選手ショートプログラムすごかったようですね。
帰りの電車で、スマフォでニュース何回も見ました~^^。

誰が活躍しても嬉しい(#^.^#)



P.S.

武道館のカフェが閉まっていたので、行った、武道館のレストランのカルボナーラが、
とても美味しかったです*





12月25日追記




>緻密なのに、雄大で、調子っパズレが超カッコよくて、
ほかの人の歌を歌っても、曲がいきいき新鮮に聞こえる。。。

と、書きましたが、youtubeで探せるだけで、
もっとあるかもしれませんが、二曲ありました。
そのなかでも、ライブやCDからのもの両方あるかもしれません。



コメント欄より、誰かのコメント
中村一義さんて知らなかったんですが、スピッツが大好きなんです­が、
なんか、さっきから、ずっーと繰り返し聴いている。やめられ­ない・・・・*

        
それは、スピッツの有名な

中村一義-冷たい頬
なんか、歌のニュアンスが違って聞こえる=私のコメント^^。


もう一曲は、

恋は桃色 " 中村 一義


(細野晴臣さんの曲ということですが、知らない曲です。
 もちろんご本人が歌われたほうも、素敵です。
 スピッツの曲も細野さんの曲もカバーしたいほどの名曲なんですね)


そして、ギターを弾きながら歌ってる

中村一義 - 恋は桃色   喫茶ひぐらし編
最後まで見てると、ナルホドー。
この人「金字塔」にもボーナストラックいれてたようで、
最後まできかないと、みないと、わからないですよね。




中村さんは、最初に、「金字塔」というアルバムで、
ロッキングオンの当時の有名な編集長に
「10年に一度の天才」と言われ、心中してもいいとまで
言われていたそうです。
また、すべての楽器や歌など演奏を一人で「宅録」で(自宅の二階)おこない
出したアルバムのようでした。


中村一義 wiki





そして・・・・・、



この人の、音楽やそのほかの文化への造詣の深さを知らせてくれる

最新のアルバム2012年の。


対音楽@


【収録曲】
1. ウソを暴け! -ALBUM ver.- (対 ベートーベン交響曲第一番)
2. 黒男             (対 ベートーベン交響曲第二番)
3. きみてらす          (対 ベートーベン交響曲第三番「英雄」)
4. おまじない          (対 ベートーベン交響曲第四番)
5. 運命 -ALBUM ver.-     (対 ベートーベン交響曲第五番「運命」)
6. 流れるものに -ALBUM ver.- (対 ベートーベン交響曲第六番「田園」)
7. 銀河鉄道より         (対 ベートーベン交響曲第七番)
8. 愛すべき天使たちへ     (対 ベートーベン交響曲第八番)
9. 歓喜のうた         (対 ベートーベン交響曲第九番「合唱」)
Bonus Track
  僕らにできて、したいこと - Live at 100st. 2011/06/23 -
                (対 ベートーベンピアノソナタ第八番「悲愴」)

黒男というのは、ブラックジャックのことのようですが、

変わることと変わらないこと。
ちゃんと生きること。
前進すること努力すること。
依存せず、自分を見つめ、恐れないこと。
この世は、相対的であること。。。
音楽と相対=あいたいし、真正面から向き合い、創作し、工夫した!

などを私は教えられたかな~。
これは、すごく素晴らしいアルバムだと思います。


中村一義 / 約10年振りとなる"中村一義"名義での新曲「運命」
100式でなはく、中村一義ひとりでが、しばらくぶりなのだそうです。



ベートーヴェン - 交響曲第5番「運命」~第1楽章



中村一義  対音楽 全曲解説


このページ

には、ハイレベルな解説がいろいろあって、
本人の、尊敬される音楽性や才能、本人の思いなどが
うかがい知れるとおもいます。
そして、彼のサイトでは、
商品の売上の二%を震災のために寄付しますとありました。
めだたないことですが、なかなかできることではありません。


でも中村さん、人と話すとき、
そのひとの前で、タバコ吸ってるときがあります。生意気なようですが、
ご自身のためにも、タバコは、やめたほうがいいのではとおもいます^^。
それでも、相対的この世界では、なかなか、わかってても
できない不自由はありますよね。誰でも。。。
相対的なこの世もそこに住む人も
私も含めてみ~んな不完全。



「歓喜の歌」で、コンサートは終わりました。
ちゃんと生きたものに、ちゃんと死んだものに、
ありがとうと礼をいうっていう感動的な曲です。

明日からも、ちゃんと生きます。って言ってました。
ありがとうって中村さんに言いたくなりました。
あのコンサート会場のあたたかさ、躍動感、楽しさは、
本当に、素敵でした。愛があふれて心地よかった。(*´∀`*)




そして、全日本のフィギュアスケートの心に残る演技の数々の動画



動画 メダリスト オン アイスより

ここから入って、男子女子のショート、フリーの演技の動画を
観ることができます。




この私にとって、宝物のようなこれらの趣味も
相対的位置においておきたい。

絶対は、愛と真実*神がつくる体制や王国に任せたい。
それこそ、それを求めることが、自分のしたいこと。
例えばアメ@カの銃の問題や、北@鮮の飢えを抱える国民の苦しさや、

死を考えてしてしまうほど、物理的にも精神的にも苦しんでいるかたがたが何人もおられる
東日本震災あとについて、今、私が、意識し、考えていなければ
ならないことだと思っています@





 復興支援クリック募金
       
   お願いします。。。

自分に出会う * 絶望から希望への物語を考えてみた⑥ * マイケルのメッセージソング * 冬のイルミネーション









ひとつ前の記事にあるモーツアルトの作曲の

Mozart-DivertimentoK136-1


Mozart(ディヴェルティメント第17番) K 334 Menuetto


ケッヘル番号は、モーツアルトの作品だけで~~@



ディヴェルティメント(伊: divertimento)は、18世紀中頃に現れた器楽組曲で、
語源はイタリア語の「divertire(楽しい、面白い、気晴らし)」に持ち、
明るく軽妙で楽しく、深刻さや暗い雰囲気は避けた曲風ww@






楽しんで、このブログのなかで希望への物語を考えたいと思っていて、

そのための外枠を、まだいろいろと考えていますが、

7月11日の記事にも書いていたように、




楽園に行こう@これが、テーマです。

平等で平和な場所。






ところで・・・・・、






マイケルジャクソンの素晴らしい曲の数々



Michael Jackson - Heal The World Live 



現代版 We Are The World
ジャスティンビーバーやマイリーサイラス。。。For Haiti

We Are the World   歌詞、日本語訳付き




Michael Jackson - Will You Be There



Michael Jackson - Free Willy (will you be there) video from movie
雄大ですばらしい~。。。




        



この記事を書こうとして、気づいた
第1561回 「自分の街や国を作るならどんな名前をつける?」

今まで、とくに気にしていなかったトラックバックテーマ*


今、考えていたことが、少し、似たようなことでした。



絶望から、希望への物語を考えるとき、
「”自分”と出会う」ということも、希望の手段に含まれる;ような気がします。
それは、すごく、楽しいことのような




俳優の速水もこみちさんの、海外を料理からの視点で巡る旅の番組を見て、
彼は、料理という自らのなかにある才能=喜びに出会うことによって、
自分の生きる方法=生き方を確立できていってるような気がします。
現に、俳優としても、骨のある主役に抜擢されるようになったり。。。


人、事、物、ってよく言うけれど、
どれも、必要で大切ですが、
「事」に熱中することも、爽やかで、広がりがある。
誰でもできる



「事」は、打ち込めば、そこには、無限の可能性が!
もちろん、競うことや、無理をすることではなくて、
楽しい、そのひと固有の賜物*




できるだけ、具体的な事がいい。
好きで、得意なこと。。
誰にもある
だいいち、速水さんのように、男性が料理に目覚めるって、意外だけど、なるほどだし、
役立つし、必要で、価値のあること。




中学生のころ、自分ノート(笑)があって、
そこに、いつも書いていた、私にとって定理のような言葉は、
本心、必要、価値、適性、最善、楽しい、そういうこと*

今は、それを「神のご意思」(ご意志)と「自分自身」と置き換えたいかもしれない。



ひとつ前の記事にある中村一義さんの曲
100s - なのもとに(歌詞付き) いい歌@で、





ひとりぼっちになったら呼ぶ名は.....、




(ひとりぼっちって、みなひとりぼっちなら平等、公平。
 絶望から希望への物語は、人は"みな"ひとりってのがいいかも
 って考えていた☆⌒(>。≪))ときもある)







愛をただ映す名前は.....、






フィギュアスケートファンである私は、
自分の「得意」と「好き」をいかした演技をするときに、
スケーターは輝くと感じています。
自分っていうくらいだから、自分の分の才能や能力はあるはず・・・・・!!
誰でも、そのひとMAXの輝きが。。。







それでも、自分のことを一番よく知っているのは、

神@かもしれないので、



なぜ、そう思うかというと.....、



どうして、そう言うのかというと.....、



人が、上手に人を治めるのは、いまだかつてどの国でもむつかしくて


自分で、自分を治めることも、完全にはできないかも。。。



で、あるならば、絶望から”希望”を込めて、


        

第1561回 「自分の街や国を作るならどんな名前をつける?」
このトラックバックテーマ* には、
”神がつくる自分の国(街)”ってつけたいかなって思います。
それが、私にとっての楽園。神の王国。
聞いてる趣旨とは違うでしょって言われるかもしれないけど^^。








                







テレビ番組のGlee
は、魅力的な歌声がたくさん。。。

Glee - Do They Know It's Christmas




And there won't be snow in Africa
This Christmas time
The greatest gift they'll get this year is life
Where nothing ever grows
No rain nor rivers flow
Do they know it's Christmas time at all?


アフリカに雪は降らない
その人達がこのクリスマスにもらう一番の贈り物
それは命。「死なずに生きられること」

草も生えず
雨も降らず川も流れないそんな場所で
彼らは知ってるのかな
今がクリスマスだってことを


TV Allstars ** Do They Know It's Christmas Time **



Do they know its Christmas [HD]
もともとの歌。



楽しいことはすきだけど、クリスマスは祝えない;
聖書によると
神の子イエスキリストの生まれた日=羊飼いが外にいられた日というのは、10月頃らしい。。
(ついでに....、イエスキリストは、十字架ではなく、一本の杭にはりつけられた;)



でも、冬のイルミネーションは、素敵ですよね~。





                                

関東最大級の300万球のイルミネーション「さがみ湖イルミリオン」





                   



あ、自然のイルミネーションは、もっともっと素敵ですぅ。。。



冬の星空 すごい。今年の冬のホヤホヤの星の動画@













 復興支援クリック募金
       
   お願いします。。。





ふんばろう東日本支援プロジェクトお金も時間も体力も要らずにできることが探せます。 



福島ひまわり里親プロジェクト明るい気持ちで。


       
クリックで救える命がある。 



絶望から希望への物語を考えてみた;⑤ * Justin Bieber * The Black Eyed Peas



まだまだすごく暑い日が続きますね!



暑いといえば、赤道直下のアフリカは、灼熱の太陽が照りつけていそうです。




Tinga Tinga Tales
    
これは、アフリカのアートです。

すごく可愛いですよね。







「ライオン・キング」(The Lion King)に出てくるシンバは、

2匹と一緒に「ハクナ・マタタ(スワヒリ語で『くよくよするな』、の意味)」

をモットーとした暮らしをしました。

それは、すごく大切なことですね。

聖書には、私たちが思い煩ったからといって、寿命を一キュビトも伸ばすことは

できないと書いてあるので@

それに、思い煩わないで、願い事を神に知っていただきなさいとも

書いてあります。。





暑くて、やる気が起きない時が、私にも多くあって、

やるべきことが多くて、

どうしようと思うとき、







まず、







やる気を出す方法は・・・・・?





これは、ある方の有効と言われるすすめです。

やる気を出さないといけないときに、やる気を出させる方法だそうです。

自分のためにも、ここに書いておきたいと、思います。





     





1.少し運動をする
運動は血液の循環を刺激し、ハッピーホルモンとして知られているエンドルフィン
を最も早く出せる方法の一つだそうです。



2.うたた寝をする
10~15分のうたた寝で驚くほどリフレッシュできるそうです。それだけではなく、
うたた寝をしているときに、潜在意識から新しいアイディア、解決方法が出てくること
もあるようです。



3.元気が出る音楽を聴く
音楽は、究極のムードチェンジャーらしく、ギリシャの哲学者プラトンによると
「音楽とリズムは魂の秘密の場所へ行く方法を見つけてくれる」だそうです。



4.軽食やお茶・コーヒーなどをとる
実際にコーヒーやお茶を飲む必要はなく、作業から離れることで新しい見通しを
得ることができ、作業に戻った時には、やる気が出るようです。



5.ポジティブなことに焦点を当てる
人は仕事がうまくいかない時、または調子が良くない時にネガティブになり、
状況を悪くしてしまう傾向があるようです。そういう時には、正しくいっていること、
これまでに達成したこと、これまでにどれくらいやってきたかなどのポジティブなことに
焦点を当てることが良いそうです。



6.完全に頭を切り替える
気分が落ち込んでいるときは一つのことにかなりの時間を使ってしまうことがあります。
そういうときは、ちょっと違うタイプの休憩が必要かもしれません。最も良い方法は、
ウォーキングなどに時間を費やすことだそうです。例えば、休憩を取って買い物に行く、
クローゼットの整理整頓などを試してみるのもいいかもしれません。




だそうです。










真実は、結構、時間のなかにあって、

時間がかかって、ほんものが見つかっていくのかもしれません。





”こうあるべき”は、思うことや言うことは簡単だけど、

”こうしたい”だって、「変わらずあること」を発見するのは、

時間が必要だったりしますね。







被災地は、大変なのに、自分の九州の実家まで、

災害が及んで、驚きました。

それでも、命があれば、人は、そんなに落ち込まない@







やはり、「大事なものは、命」そして、健康や安全。







それが、確保(Keep)というか、そこに目を向けていられれば、

それ以外の、

例えば、学歴や地位や名誉なんて、最重要ではないと本当に思います。

食べていける仕事、できれば、好きで向いてることにつけると、なおいいのですが。。




人は、どれだけ、”ほんとう”に

出会えるかが、大事であって、

つまり、全うすることができることに、

変わらないことに出会えることが

幸せなのであって、

ネームバリューのある仕事や地位や学歴は、

それが目的ではないと思うのですが。。。








それでも・・・・・、









誰にでも希望は、現実的にもありますし、

普遍的に考えても、もちろん希望はあるはずです。

理性的に考えた希望と、感情的や精神的に考えた希望と。。

もしかして、人にとって、未知の正しい真実の希望も。








さて・・・・・、







そうはいっても、






これは、震災後に、自然に書き始めたブログです。

私にとって、言葉や真実とともに、音楽が探求できます。





                 





The Black Eyed Peas(ブラック・アイド・ピーズ) - Where Is The Love?

歌としても、内容も、非常に優れた歌だと思います。



People killin', people dyin'
人々は殺し合い、人々は死んでいく
Children hurt and you hear them cryin'
子供は傷つけられ、泣いているのが聞こえる
Can you practice what you preach
あなたは平和を広めることを実行に移せるだろうか
And would you turn the other cheek
そして許すことができるだろうか

Father, Father, Father help us
神様、私たちを助けてください
Send some guidance from above
なにか教えを示してください
'Cause people got me, got me questionin'
みんな求めています
Where is the love (Love)
愛がどこにあるのか

It just ain't the same, always unchanged
同じじゃないだけ、それはいつも変わらない
New days are strange, is the world insane
新しい日々は未知で、世界は正気とは思えない
If love and peace is so strong
もし愛と平和がとても強いものなら
Why are there pieces of love that don't belong
なんでそこに愛のかけらもないのだろうか
Nations droppin' bombs
国家は爆弾を落とし、
Chemical gasses fillin' lungs of little ones
化学兵器が子供たちの肺を満たす






あの、ジャスティンビーバーの。。。


Pray


Pray日本語訳



これも、発信してる曲ですよね。

ジャスティンビーバーの曲を、たくさん聞いてみましたが、

すごく才能があるシンガーだとおもいました。

ブラック・アイド・ピーズも、

聞き応えがあります。。。





       
クリックで救える命がある。 


福岡市(博多) * ミュージカル「ライオンキング」 * 災害のこと



ブロードウエイのミュージカルは、今、日本では、
東京以外の地方都市でも見ることができますよね。


高校は、ピアノのレッスンやコンサートの鑑賞に環境が整っている
福岡市の高校に、行きました。卒業後、進学のために、
上京しましたが、福岡は東京と同じく都会。。
地下街とか、充実していて、ほんとうに洗練されています!


福岡・博多の観光(春)  福岡・博多の観光(秋)
           

福岡市(博多)を短い時間で、紹介しています



博多では、歌舞伎や、ミュージカル。。なんでも東京と同じように
あらゆる芸術鑑賞ができます~。
親に内緒で、音楽会とかいって、ロックのコンサートにも結構行って^^。








それで・・・・・、







私は、九州の出身ですが、ここしばらく、大雨が続いていて、
電話をして、様子を聞いたりしているのですが、
何カ所も、何十年ぶりという、見たこともないような大雨だそうです。


全域で、被害がでているようで、
電話で聞いたところによると、川の水位が、10メートル以上
多いところは、16メートルくらいで、本当に津波のようだったと。。
深刻な被害が広がっています。
どんなに怖い思いをしているでしょう;


災害は、どのようなものでも、当事者は、
あっというまのできごとで、
一瞬のうちに、どん底に突き落とされてしまいます。


電話で、聞いた話のなかで、
怖くてたまらず、こんなにひどい雨は、各所なかなかないようで、
二万人の人の命が失われた津波による災害は、
どれほど悲惨で、怖かったろうと、
語っていました。。。




天気予報では、大変なようですが、

どうか、これ以上、被害がでませんように;






多くの人を励ましたミュージカル@



Tony Awards : Lion King " Circle of Life "


日本でも・・・・・、



華麗なるショーの世界~ライオンキング~サークルオブライフ


劇団四季:『ライオンキング』:スペシャルドキュメント


体の維持・管理 * 絶望から希望への物語を考えてみた;④






私にとって、”代えがきかない”歴史的シンガー(*^-^*)
2年前のオーディション番組アメリカンアイドルからデビュー
コンサートにも行きました。
やはり、その歌の輝きは、絶対!(^-^)




あとふたり好きな洋楽のシンガーは、ひとりがブルーノ・マーズで、
次の曲は、若きプロデューサーでもある彼の曲をアダムが歌ったものだと
思います。そして、レオナルイスは、イギリスの「Xファクター」という
これも、有名なオーディション番組で、つながりありますよね。
それから、ここに書いた男性シンガーふたりの共通する尊敬するアーティストは、
マイケルジャクソンです。組織図できそうですぅ。

アダムランバートは、今夏サマーソニックに出演しますよね。
全米トップ1の実績をひっさげて。
でも、数年前、サマーソニックに行き熱中症になって救護室に;

Adam Lambert - Never Close Our Eyes
5月26日の記事にも書いています。


 



                
     





大好きなプラネタリウム 
     ここは、楽しい夢の場所!


Coldplay - Beautiful World Montage
明るい気持ちになれる音楽!






「愛と真実」という名前をつけたこのブログは、
もともとは、陶芸教室のホームページ作成のための
「どんな時にだってティータイム」という陶器と飲み物のことを
書こうとしたブログがきっかけでした。
そうこうするうちに震災が起きて、検索で、音楽の話題に
人がはいってくれるのではないかと思い、書き始めました 





自分に自信がないので、「愛」と「真実」という言葉のもっている
その意味の力にゆだねて、たよって、やっていけば、道ができるような気がして、
ほんとうに、なんとなく、ブログの題につけました





一ヶ月以上放置して、広告が出たこともあります。





あわてて、何か書かなければと、書いたこともあって、
とにかく、最初の頃は、音楽のことだけで、文章がほとんどありません。
それでも、生きてるということは、行動したり活動したりすることで、
言葉がなかったら、血が通うことはなく、生きてることにならないような気がします。
(私の家にいるpafeという犬とは、言葉がなくても、心が通いますが^^
もちろん、その行動や、活動には、あらゆる創作が含まれるとおもいます。
陶芸のような趣味や、毎日の料理や、勉強(学ぶこと)さえも。  





Pat Metheny Group - Every Summer Night夕日の映像がリラクシング




落ち着いて、よく眠れそうです。



Un Dia de Noviembre(Yasuji Ohagiアコースティックギター)






話は、がらっと変わりますが・・・・・、








あるところに、こういうことが出ていました。
抜粋してみました。






運動不足によって,命を脅かす病気になる危険が大幅に高まります。
例えば,運動不足によって,「心臓病になる危険は倍になり,高血圧の危険は30%増す。
また,心血管疾患と脳卒中で死ぬ危険が倍になる」とアメリカ心臓協会は述べています。

世界的な問題

明らかに,適度な運動を計画的に行なうことが健康に不可欠です。
運動不足の危険が広く報道されていても,世界人口の大半は実質的に運動不足で、
世界心臓連合は,世界人口の60%から85%,「特に女性は,健康が増進するほどの運動を
していない」と見ており,「子どものほぼ3分の2も健康のためにもっと体を動かす
必要がある」と述べています。

米国では,大人の約40%が座ってばかりで運動をしておらず,12歳から21歳までの若者の
約半数が激しい運動を定期的に行なってはいません。

自分の健康を管理する最終的な責任は,もちろんわたしたち各自にあります。
それで,こう自問してみてください。『体を十分動かしているだろうか。十分に運動して
いるだろうか。そうでないなら,座っていることの多いライフスタイルから抜け出すために
何ができるだろうか』。

(以上抜粋)



やはり、ラジオ体操第一・第二

時間がなくても、心も温まるこれこれさらにこういうの



運動は、誰が考えても大事なものですね。  
そういえば、言葉だけでなく、つくっていくだけでなく、
食べたり着替えたり、掃除をしたりして、生活を繰り返したり、
そして、ただ体を動かすことも生きることだなあとおもいました。
私は、運動が足りないと自分でもおもいます。 






合唱曲cosmosコメント欄に、誰かが一番好きな曲だと書いていました。





さて・・・・・、







物語を考えられたらいいなというか、絶望は、どんな希望によって、
置き換えることができるのだろうかと探っています。
こういうことにしようと思ったことに似ているものが、
しようと思ったあとに、ゲームや映画にも、あることがわかりました。  
私の考えているものは、プロの素晴らしいものではなく拙いので、
もちろんそれらとは大きく違いますが;  





私が考えたことは、荒削りで、入り口で、どういう話になって
いくかわからず、
実は、自分を教えるために探ってもいます。  
でも、こうして、陶芸教室のホームページから、気がついたら、
ブログを書き続けていて、自分でも止められなくなっているので(笑)
このままとりあえず、今までのように同じ仕方で、書き続けることにしますm(__)m





         





Pat Metheny Group - Imaginary Day Live_Heat Of The Day

                                












絶望から希望への物語を考えてみた;④(今まで①~③まで書いています)




どうしてもこだわっていることがふたつある。

今回の震災で、被災地を何度も見て、はっきりしたことでもある。

ひとつは、人が不幸のリスクを常に持っていて、突然の死や病などがあること。

それから、精神的に抹殺に近い虐待がこの世界にあること。

例えば、世界には、常識がまかり通らない国や地域が多数ある。。。

子供に兵役を課したり、自分の意見をいっただけで命がおびやかされるようなところ。。



ふたつめには、ここが、どうしても許せないことで、

それらが、不平等に、人に臨むように見えること。





私のyukoedenという名前は、ゆこう楽園(エデン)という意味です。
自分の名前も考えて、つまり、ファーストネームをとって、
考えてもみました。
これも、陶芸教室のホームページを作る時のために、全く
大きな意味をもたずに、ただつけました。(^^)



楽園に行こう@これが、テーマです。










エデン@つまり、楽園は、永遠のパラダイスで、望む人はすべて入れる。

でなければ、楽園とは言えない。。。

すべての願いが果たされる。



嘆くことや、死や、病気や、災害や

何より、私がこだわり続けている不公正、不公平がない。・・・はずだ。

貧困や、悪い政治や、その人の境遇や、障害や、災害などの不運に左右されない。

それは、望む人。つまり、自由意志で、その楽園にはいるかどうか、決定する。

だから、不平等は発生しない。


    




楽園なら、誰でも、行きたいと思うかもしれない。

それでも、馬鹿にして相手にしない人もいれば、それなりの切符が要るので、

その切符を手にするのがイヤだと思う人もいるだろう。

その切符を手に入れるのは、結構、大変だから。  

そして、その楽園の、あるいは、王国の、あるいは、体制の、

要求を満たすことが必要だからだ。

楽園だから、そこで、犯罪は起きないので、

その王国の法律に従うこと、つまり、要求をのむ。これが必須になる。



まず、その王国、楽園そのものを馬鹿にする人は、そこから、退くし、

その法律が厳しいと思うひとは、それが、道徳的な高い基準で、良心的に

すぐれていると判ってはいても、その要求をのまない。



世の中が不公平で、公正がまかりとおらず、震災のようなアクシデントがあっても、

それを仕方がないと諦める人もいれば、

楽園など求めずに、”死んだって限りある中で、できることを精一杯やって努力もし”

ほかの大変な国や人が居るのは知っていても、仕方がないし、

自分が、すごく大変になるかどうかは、そうなったときのことでと

思う人もいる(ごもっともです)。。。




それでも・・・・・、





どうすれば、公平で公正な道が考えられるのかと、

言葉の力と時の流れを信頼して、というか、ゆだねて

ストーリーというか、筋書きを考えてみたい。

それくらい、人間は、大変。。。

そして、津波災害のときに、結局一人で逃げるということが鉄則であるように、

「人はみなひとり」なのかもしれない

そう考えることが、真実であり事実であり、もしかして愛かも@

これは、ちょっと寂しい感じがしますが、ある意味
公平なのではとおもいます。みなひとり。だけど、仲良し
くらいが、パラダイス!だって、楽園は永遠なんだし。
好きな人がいても、ずっといっしょだからね!


長くなってしまうけれど、もっとふみこんで考えると、
楽園では、いわゆるこの世でいうところのエロスという名前の自己充足の愛ではなくて、
アガペーという、自分を考えに入れない、無私の愛の持ち主の場所かもしれません。

というか、よく考えたら、私は、そんなにいい人になれないので、
楽園に行けると、こういういい人になれるっていうのがいいです。


今回は、ここまで。

拙いつぶやき、物語る作文で、

言いたいことを長々と語って<(_ _)>


⑤に続く。。




そして、久しぶりに・・・・・、




被災地では、本当に大変です:

自分で作りました。
写真と弾いたピアノ動画





       
クリックで救える命がある。 押して下さいね!



ふんばろう東日本支援プロジェクトお金も時間も体力も要らずにできることが探せます。 



福島ひまわり里親プロジェクト明るい気持ちで。




                 



LINKIN PARK - "Not Alone"
ハイチの災害のあとにリンキンパークが歌った曲です。
日本は、震災(津波)で、たくさんの子供が孤児になりました。

サッカー選手の語学力 * 川島永嗣選手@日本で7カ国語

 



 
               





ユーロ2012スペインの優勝でした!

スペインのサッカーは、ワイルドで、柔らかい。。

って、あまり分からないけれど、雰囲気でそうおもいます^^。






                     





フィギュアスケートのペアの選手:高橋成美選手は、6カ国語話せるようですが、

幼い頃から、海外生活の経験が、豊富だからということもありますね。



気持ちがあがるのが、
サッカー選手の語学  ゴールキーパー川島選手の語学は、日本で勉強したと思うけど。
日本国外クラブへ移籍する前より、下準備として日々英語・イタリア語・ポルトガル語
などを勉強している。2010年7月のリールセSKクラブハウスでの会見では、
オランダ語と英語で挨拶をし、英語の質問に英語で答えており、
本人も英語でコミュニケーションが取れるので問題無いと語っている。
2010年8月にはNHK教育の番組『テレビでイタリア語』に出演し、
流暢なイタリア語を披露している。ポルトガル語は川崎通訳の中山和也氏によれば、
通訳を通さなくても問題のないレベルである by Wiki



中田英寿とザッケローニの対談 も。

中田さんは、スペイン語や英語もできますね。




7ヶ国語を操る日本代表GK川島永嗣の語学にまつわるエピソード






そして・・・、




フィギュアスケートの

Apr 2011 Miki Ando 安藤美姫 interview
Feb 2011 Miki Ando 安藤美姫 interview (english)

フィギュアスケートの選手は、海外で練習すると、
使った現地の言葉は、上達しますよね。。





     





流暢なポルトガル語のカズさんのインタビューもすごい。


あ、今思い出しましたが、外国人のおすもうさんの日本語は、

絶対すごいと思います。でも、日本で暮らしてるし、

やはり、川島選手は、別格ですよね@

way road truth 命について * 絶望から希望への物語を考えてみた;②と③




追記しました~


6月14日追記:週末を利用して、東北に行ってきます。

向こうでも、ネットができるかもしれませんが^^。。。





そして・・・・・、





     

絶望から希望への物語を考えてみた

③も追加@更新しました~。







                        







「絶望から希望への物語を考えてみた;③」


絶望から希望への物語は、糸井さんのゲームにあったような、

グローバルな、時間のかべがないような、

そんなかわいいお話にしたいです。




登場人物は、やっぱり、糸井さんのゲームにあったような、

かわいいキャラクターが、いろいろと出てくるような、

わくわくするおはなし~。




どうすれば、わくわくするんでしょうね!

私がわくわくすることができれば、それでいいのだとおもいます^^。






数年前、従姉と作った物語は、戦争のあとの日本を、親戚のおばあちゃんの

話を聞いて書いたので、それが良いつもりでしたが、

自分でも、ちょっと退屈で、シリアスすぎる個人的で幅のせまい話

だったかもしれないとおもいます。(・・;)






ゲームのストーリーや世界観を、

ゲーム制作をしているリンク先の作ったゲームでも、

最近いろいろと、知ることができて、インスパイアされたので、

設定は、なんとなく、時代レス、グローバル、登場人物も制限なしと決定@






すごーい~~~!!!楽しいのができそう








東北でも、ネットができたら、何か感じることを、

書いていきますね~(o^-')b









                    









この記事と一つ下に、糸井重里さんが作ったゲームの

MOTHER1,2,3とその音楽の記事を更新しています。









                 






陸前高田市では、高校生がたくさん亡くなりました。

あのとき、地震がきても、津波の怖さを瞬時に判断するのは、

難しかったのでしょう。




親は、あの地震の大きさに驚き我が子を学校に迎えに行ったそうです。

とりあえず自宅に帰った生徒達が、津波が到達する時間に、逃げることが

間に合わず、親といっしょになくなりました。




その数、100人近くとも聞きましたが、

よくわかりません。

余談ですが、津波からのがれる鉄則は、寄り道せずに、一刻も早く、

各自が個人で、出来るだけ遠くに、出来るだけ高いところに。。ですよね。





被災地では、関連死が増えています。

家族に死なれたり、仕事がなかったり、街が死んだように何もなくなり、

私がよく知っている人は、自殺を図り、一命をとりとめたものの、

一ヶ月半入院し、間接的な知り合いは、自ら命を絶ってしまったそうです。






リンクしている

「ふんばろう東日本大震災支援プロジェクト」は、

おじさまを津波で亡くされた、早稲田大学の西條先生の活動を、

「ほぼ日」の糸井さんや、宮本亜門さん達が支援しています。

糸井さんは、中心になってがんばっていて、

気仙沼に「ほぼ日」の支所をつくってしまったほどです。

ふんばろうという名前ではありますが、冷静な西條さんと、

糸井さんならではのセンスで、

できることを、柔軟かつ、シンプルにやっています。







糸井さんのすごいところは、

「遊び心や、素朴なわくわく感」を、

人が、そこにしか、心を寄せられないことを知っていて、

なんのプレッシャーもかけずに、(かけられずに)

自由に、発想していくことです。

年齢を全く感じさせないどころか、こんなに柔軟で、少年の心を

持った人は、あまりいないと思うし、

糸井さんは、これからも、

ずっとこのクオリティを保ち続けるとおもいます。





西條先生は、人の限界や、行動心理を熟知していて、

(それが専門分野の研究でもあるらしく)

圧力でなく、ベストのしくみや枠組みをつくり、

人の自発性のみでなりたつ、誰がみても、シンプルで合理的な組織を

つくって、きました。





二人とも、すばらしいですね!



大人の責任は、個人的な責任を負う事に加えて、

ほんの少しの、自分の仕事や個人的な事意外の、

社会的責任を負えることではないかとおもいます。





と、いっても、行動は難しいともおもいます。。。







ある小学校では、待機しているうちに、

津波にのまれて、大勢の児童がなくなりました。

親は、行き場のない怒りと哀しみで、

まさに、慟哭といったかんじです。





命は、人間といういきものを考えたときに、

そのありかたとか、とうとさとか、

一度、じっくり、考えて、考え込んで、考え抜いて、

いたいものですね。





そうすれば、個人や社会の優先順位が、明白になるとおもいます。

愛と真実の物語は、

命についてがテーマになるかも。f(^ー^;



それが、どんな形で、問うてみる「愛と真実」にどう提示されるか、

まだわかりませんが。。。(ーωー)




と、思ったら、ぼんやり、設定のようなものが見えてきました。♪( ̄▽ ̄)ノ″

それで、②と、さらに③も、クリア~。O(≧∇≦)O !!マジヤバイww



で、こうやって、ゲームのように、考えていけば、

きっと、クリアできますね。

楽しいなあ~。





次は、

④に続く。。。



    で、その糸井さんは、人気のゲームを作っています。
         (更新しました)

スプラッシュ、story、tale(どれも仮題)* 絶望から希望への物語を考えてみた;①




「スプラッシュ」、「ストーリー」、「tale」, 希望への物語。。




このブログは「愛と真実」、物語りながら、真実を探っていきます!(^_^ゞ

そして、作文し、物語を生み出します(>_<)・・・というか、

そうできたら、いいな。。ってことで(・ω・´)




「愛と真実」を探求する作文。。そのふたつ(愛と真実)には、

とても力があるので、というか、それこそ決定的な力なので、

かならず、最高の物語が産み出されると信じています。








           






人は死ぬ。その理由がなんであれ、

その死を受け入れることができるのは、

ある程度の年数を生きた人。

ある程度の年数って、平均寿命かなあ。





人の死に方。

病気、事故、災害、自死、他殺、

わあ、どれもイヤだ!

だけど、こうして書くと、病気が一番ましかも。

病気以上の死に方はなくても、

病気でだって、死ぬのはいやだ。

若くて病死は、もっとイヤ。

それでも、死ななくてすむ人は、いません。





陸前高田市とか、石巻とか、気仙沼とか、

行ってみてわかったのは、

津波による死というのは、水死ということもあるのでしょうが、

実は、戦争か、いえ、ひどい交通事故が、いっぺんに

あちらこちらで起きたような惨状・・・。

今でも、話をすると、「鳥肌がたってきた」と、

現地のかたは、おっしゃいます。┐('~`;)┌







子供たちがたくさんいた学校で、小学生が、

自分の仕事を忠実に果たそうとして、若い青年や、若い女性も、

父親や母親も、津波で死んでいきました。

ある日突然、ほんの数十分のうちに。





その解決の道をさがしたいとおもいます。

あるわけないなら、あまりにも不公平すぎます。

だから、どうなったらいいか、愛と真実に問うてみます。

それは、人間の普遍的な解決の道かもしれないですね!\(^o^)/






この音楽動画のブログは、どこにいくか、たどりつくかわからずに、

震災の3ヶ月後に、ショックでたまらず、

愛と真実を確認するために、探し、突きとめるために、

書き始めました。:;;;;;:*☆






人より、動物が好きなくらいの私が、ちょっと浮き世から離れて、

音楽のことだけ淡々と書いて、

誰でも知っている、マイケルや、レディガガ 。。

グレングールドや、クイーンなど、音楽のことを書けば、

検索で迷い込む人がいて、知らないうちに、見ていって

リンクの震災のことも、目に触れてくれればいいなと思ったのです。(*_*)







でも、ネットでも、動いていたら、人にも会うし、

いろいろなこともわかってきて、

真実というか真理のようなものにも気付くこともあって、

人の持っている言語というか、言葉の大切さもわかってきました。

そんなとき、ゲームの好きな高校生の二人組に、「運命的に」出会ったことが

契機となって、それから、このブログは、それなりに楽しく続いています。







運命って、「命に運ぶ」って書きますよね~。(o^-')b







物語を産み出したい。というか、生まれたがっている物語があるような

気がしています。絵はまったくだめですが、物語に音楽はつけることはできるし、

ゲームにだってすることもできるかもしれません。

従姉といっしょに、物語の創作をそれなりに一生懸命やった経験がありますが、

その時より、もっと自然に産み出せるのかもしれません。

だって、音楽で考えると、スタンダードなものは、

誰かが、作ったというより、その作った人が、出会ったというか、

その曲に、めぐりあったという印象です。~o(^o^)o








人に役割があるのだとしたら、その役割に関してだけは、

人は、”自然体で、いきいきと、個性にそって”

「好き」と「得意」で、やっていけるのではないでしょうか。

「願い」と「衝動」で、その役割を果たせるのではないでしょうか。(`∇')イエイ







っと、前置きはこのくらい;



ここから、はじまる、「希望への物語」。。。。。



どうなっていくか、自分でもわからないので、楽しみですう~~~

②に続く。。。

斉藤和義さんと、表現するということ。




もうひとつ書いているブログ、リンク先にある「どんな時にだってティータイム」では、

以下の小説を書いた、「強くなりたい」のささふねさんの好きな

斉藤和義さんのことと、震災一年で、今度震災が来たときのための

サバイバルグッズのことを書いています。よろしければ読んでくださいね。






リンクやブロ友やコメント友達で頑張っている。。。


ジーノさんの歌。その歌詞、ゲームや音楽。

Rさんのゲームや、私が驚いた古文の現代訳。

音楽楽器大学さんの、詳しくて楽しい、音楽の説明や動画。

そして、「エヴァな人生計画」のゲームの解説や描写。

そして、コメントを下さる赤鈴さんの小説。

訪問してくださる皆様のブログすべて。。。






いろいろと、何かに向かうエネルギーは、力になります。

「音楽動画コレクション」として、震災後、できることをする、

できることで動くということのひとつとして、音楽に加えて

言葉や表現や物作りをするということも加えるということに今は、到達しています。





先日行われた「東京マラソン」に、いろいろな思いを持って

走った被災地の方達もいらっしゃいました。走るスピード、走り方、目標は

違うけれど、「とにかく走る」「とにかく前進」「前に進む」

景色が開けたり、変わったりして、何かに気付いたり何かを得たり

することができたかもしれません。



ここに、そのシンボルのひとつとして、許可を得て、リンクしている

「強くなりたい」のささふねさんの高校生の時に書いた小説を

気持ちを上げるためや、走るということのひとつの象徴として、加えますね。

そして、ささふねさんが敬愛してやまない斉藤和義さんの歌も。




斉藤和義 空に星が綺麗を作った時の状況。




斉藤和義 空に星が綺麗



手をつなげば斉藤和義



以下、ささふねさんの小説



「ポーロ」




 彼はとりわけ変わっていた。円形のその広場の中にいる他の誰よりも、醜かった。
そして彼はそれを自覚していた。
 教師は彼とコミュニケーションを取ろうとして、様々な方法を取った。だが彼は
不釣合いに大きな顔を歪めて笑うばかりで、それに応えようとはしなかった。

 彼は時々、内側に丸まった細く小さな手からは想像もできないような力で暴れた。
非生物的なまでに大きく見開かれた眼で宙をにらみ、発作的に暴れた。
一度そうなるとなかなか止めるのは難しかった。教師は落ち着くようにそっと
呼びかけたり、大声で叫んだりした。でも彼はそれにも応えなかった。それで殆どの
場合、教師は業を煮やしてその頭を引っぱたき、乱暴に取り押さえるのだった。

 ある日彼の暴れた後で、ついに教師は彼を捨てた。
彼は、僕の所に来た。彼は何となく僕を気に入ってくれたようだったので、
僕は心底ほっとした。僕も彼のことを気に入っていたからだ。
「もし良かったら君の名前を教えてくれないか。僕はヨウって言うんだ」
彼は顔を上げた。眼と眼が合った。だが彼はそのままずっと黙っていた。
だから僕もずっと黙って彼の眼を見ていた。
「ポ、ポーロ」
遂に彼は言った。歯の間から息を漏らすような声だった。
「ポーロ? いい名前じゃないか」
彼のコンクリート色の顔に細かい皺が集まった。犬歯が口の端からのぞいた。
「教師は君がポーロだって知らなかったみたいだけど、どうしてだい? 」
「きかなかった」
教師だからかな、と思った。 
 
 ポーロはボール遊びが好きだった。何故か彼のボールは歪な形をしていて、
どうしてもまっすぐ跳ねてはくれなかった。あっちへ行ったりこっちへ行ったり。
だが彼はめげなかった。おぼつかない足取りで、忍耐強く追い続ける。
終いには見ているこちらが疲れてしまうのだった。

そこの広場は砂で覆われていた。周りには高いススキの生えた草原があって、
その向こうは森だった。だけど僕は、自分たちが決してそこまで行けないことを
知っていた。
 ポーロがススキを指差した。目を向けるとそこから一羽の大きな鳥が飛び立った。
羽は秋の光の色。長い尾が日を透かして尚、輝いた。一瞬の後、鳥は森の木々の間に
消えていった。
 大きく息を吸った。視線を落とすと、あの残照を含んだポーロの瞳があった。
ポーロは軽く首を傾げた。二三の鳥を思い浮かべたが、そのどれともまったく違っていた。
全く見たことがなかった。僕はポーロに首を傾げ返した。
 ポーロは笑った。
 
 夜は白い壁に囲まれた白いシーツに寝た。病棟のように見えたし、実際病棟であるの
かもしれなかった。隣にあるベッドでポーロが頭を抱えるようにして眠っている姿は、
何だか痛々しい印象を僕に与えた。彼があまりにも小さく見えたからだ。空調のせいか
部屋はいつも肌寒かった。僕はポーロに毛布を掛け、自分もそれを頭まで被った。
閉じた目蓋の裏まで白さが染みて、落ち着かなかった。
 
 踏み鳴らす足音に眼が覚めた。ポーロの発作だった。その眼は焦点を結んでいない。
掛時計が落ちて大きな音を立てた。彼は狭い部屋の中をぐるぐると駆け回った。
裸足なのに、やたら大きな足音。僕は部屋を走り出ようとするポーロに跳び付いた。
ポーロは信じられないような力で僕を引きずった。石質の床が大きな音をたてる。
ともすると緩みそうになる腕に、僕は精一杯力を込めた。


 腕が痺れ始めた頃、ポーロから力が抜けるのが分かった。
 耳元で荒い息遣いが聞こえていた。だがそれもすぐに小さくなった。
 僕はポーロの目を覗いた。それは力を宿し、僕を見返していた。ポーロは僕を
 指差しながら言った。
「い、言う。分かる」
「言えば分かるって? 」
「うん」
彼は深く頷いた。
 生意気に。僕は苦笑いしながら、ポーロの額を軽くこずいた。
 
あの秋色の鳥は度々姿を見せた。ススキの原っぱは特に気に入っているようだった。
そして僕はその歩くのを、ずっと飽きずに眺めた。そしてそんな僕をポーロは飽きずに眺めていた。
「欲しい?」
ポーロは僕を見上げて問う。
「いや。欲しくは無い」
僕は考える。僕は何であの鳥にこだわるのだろう。
「憧れ、かな。自分に無いものを持ってるから」
ポーロは首を振った。答えになってない。無言の抗議だった。
 僕はそれを自分にもうまく説明できていなかった。視界に再びあの鳥を探す。
 もう、どこにも見当たらなかった。
 
 夜半、ざわめきが聞こえた。それは大勢のヒトの気配だった。
僕は部屋を仕切るカーテンの隙間から外を覗った。
「ここは何?」
「ああ、そこは気違いの部屋だ。放っておいた方が良い」
冷たい教師の声。気違い?気違いですって。軽いどよめきが広がった。
 僕は息を呑み、後ずさった。
 カーテンの外にいるヒトには、目も口も無かった。ただ白いその顔の中央には

鼻のような膨らみがあり、ざわめきはそこから反響する。
 僕は忍び足でベッドに戻った。毛布を頭から被り、頭蓋を掻き毟る。
だがそれでも脳裏に浮かぶ平らな群像は僕を脅かしつづけた。

 中天の太陽。
 その分け前を持つ鳥。
 飛ぶ。
 高すぎる青空。
 そのさらに上を目指し
 やがて空に溶ける。
 ただ残ったのは
 裏切られた憧憬――
 
 叫び声。僕は必死でその小さな背中を追いかけた。行き先には森。
 そっちは危ない。入ったらもう戻れなくなる。だがポーロは躊躇わなかった。
時折奇声を上げながら、走る。腕を伸ばしたが、彼はその間をすり抜けていった。
 僕は跳び付いた。しかと抱きとめた。引きずられて足を擦り剥いた。
「行かないで!ここにいて!」
思わず叫んでいた。
タノム、イカナイデ。イカナイデ。イカナイデ。
「ポーロ!」
 ポーロ、ポーロ、ポーロ、ポーロ!
 ついに足が止まった。
有難う。僕は泣きそうになっていた。息が苦しい。
放心した彼の頭を撫でる。

「いつまでこんな気違い飼ってるんだ。捨てろ」
いつの間にか教師が背後に立っていた。
「訂正して下さい!」
即座に叫んだ。
「この子は僕の言葉を聞いてくれました。分かったんです。こんな賢い
やつは居ません。この子は――」
この子?僕は彼の名前を思い出せずにいた。
ポ、ポ……。
だが頭の中は絶望的に白かった。
 振り返った。
 小さくて醜い、顔。
 泣きそうに心細い。
 増殖する頭の中の白。
 意識が遠のく。


 蝉の煩い声。上体を起こした。Tシャツの背中がべったりと張り付いていた。
 いつもと変わらない自分の部屋。
 僕は彼の名前をまだ思い出そうとしていた。だがそれも、こちらの世界では難しかった。
 懐にあの秋色の羽が一枚、落ちていた。窓辺からの西日に淡く光る。
 そう、ポーロ。ポーロが近いかもしれない。
 羽がうなずくように風にふわりと浮かんだ。

以上、物語の終わり。



斉藤和義 どうしようもない哀しみに ~弾き語りVer~


どうしても、世の中の不公平、不公正にこだわり続けたい。

行動する尊さや目標や夢を持つすばらしさ。

突破口があるのなら、そこから道を作りたい。

日本は、未曾有の震災の結果のまっただ中。






全ての人間を励ます歌(歌詞)

難解な問題。大変なことは、どうすればよいか@



できるところからする。やれるものからやる。


イベント、フェスティバルにして、楽しく!ガーッとやり切る!!(集中)




そういうやり方もありますよね。





ところで・・・・・、







やはり、ことばで成長したいと思ったことも正しかったとおもいます。

言葉と音楽。。大事ですね!



下記の歌は、ゲームやいろいろなものを創作する

リンクし、刺激していただいているMEZASEGA!!のブログの

お二人のうちの一人が創った歌詞で、

MEZASEGA!!のブログで発表されたばかりのものです。

自己肯定とは、生きる基本かもしれないですね。

自分を生きるのは、自分。他の誰でもないわけですが、

なかなか自信が持てないのが、人間。

でも、そこを無視してしまうと、人としてもったいない気がします。

そういうところに、この歌の歌詞で気付かされる方は多いのではないでしょうか。







駆け出すココロ
~Start Running Soul~
(ver.2.13)


(Believe myself)
(ジブンシンジテ)


雨の降る公園でした
キミとの約束
でも守れそうになくて
一人座り込んだ

ウソをつく自分が嫌で
重い傘広げる
心は違うけど
気づかないフリをした


これじゃいけないって
気づいてるよ
誰かがいってた大事なこの言葉
思い起こして


Believe myself
自分信じて
一歩踏み出さなきゃ
何も変わらない

Going your way
迷わず走れ
後ろなんか過去でしかない
未来に駆け出して


雨上がりの公園に
優しい風が吹き抜けた
「また明日ね」と言うキミの声
ホントは嬉しくて


もう迷うのやめた
無我夢中で
傘を投げ出しキミを追いかけ
走り出してゆく


Believe myself
自分信じて
なにかやろうとしなきゃ
何も始まらない

Going your way
迷わず走れ
ミスはあとで直せばいい
光に飛び出して


晴れ渡る空の下
ボクとキミが並んでた
二人立ち上がって
駆け出すココロ


Believe myself
自分信じて
一歩踏み出したら
世界が変わる

Going your way
迷わず走れ
過去なんかただの思い出
未来へ向かって

(RUN! RUN! RUN! RUN!!)

Believe my heart
心信じて
なにかやりだしたら
もうとまらない

Doing your best
全速力で
ミスは成功のもと
光目指して
未来に駆け出そう


(Believe myself)
(自分信じて)

(Going your way)
(迷わず走れ)

--------------------------------------------------------------------------------


いろいろなことに適用できそうな歌詞ですよね。

私は、このブログで、駄文や自分のことを書くのは恥ずかしいと

思っていましたが、そうやって、自分の心や、志を見つめていかないと、

何もはじまらない、何にも到達しないということがわかって、

恥ずかしながら、書いていますが、

他の方もそうだと思いますが、ほんとうに、この歌で、

自己肯定に、勇気をもらいました。



☆ 私のプロフィール ☆

私は、音楽家です。ピアノが専門の。

で、どうして東北に行ってるかというと、主人の親戚が津波でたくさん

亡くなったからです。



主人は、そんなに苦労しなかったドラゴン桜な人で、

今、若手の研究者として、大学で、遺伝子工学、分子生物学ともいえる

要するにガンの研究をしています。




私の好きな食べ物は、ピザ、たこ焼き、パンも、

あ、粉の炭水化物が好きらしい。

おいしいですよね。この手の食べ物嫌いな人いませんよね。




あと、好きな音楽は、フュージョンのジャズとロックかも。

あれ、そんなはずなかったのに。

クラシックです。って書きたかったけれど(笑)

結構その辺は、アバウトというか、

よくわかりません。




世界で一番好きなものは、うちの犬です。

動物です。その次は、植物です。

ようするに、自然なものに弱いです。

自然は、最高ですよね。

音楽という分野にも、不思議だと思い、関心があります。



なぜかというと、音楽やことばの文学は、

人の(が)人たるゆえんだと思うからです。






平和*熱意*実行=須藤元気*人

格闘家から、歌手。

書道を二年で、自分のものにし、

力強く英語でスピーチ。

勉学一筋の学校生活ではなかったようだ。

なのに、見たことがないくらい知的で有能で有用な人物。



真の向上心は、変化や変態(メタモルフォーゼMetamorphose)を生む。



思考が好き。(思考は大切)

実行力抜群。(同調する同質の人のグループを編成!)

情熱。(すべての原動力)

「憶測をしないこと」と彼は言っている。

「与えることが究極の生き方だ」と、本心から発信している。

そのパフォーマンスで感動して泣いてしまう人続出。

私も泣きそうになった。

飽きるわけがない。泣くくらい感動的なのだから。

何回でも見たい。声と歌が大好き。上手とか下手ではなく

その歌だけとってみても、これ以上ないくらい、ここちよい。

真の国際人。どの国の人にも通用し、感動を呼ぶのではないか。

もうすでに、そうなっている。

WORLD ORDERだから、世界中からリクエストがある;注文がある;





なんていい人。





「いい人」とは、「この人に言えば、何とかしてくれる」

そう思わせてくれる人。

そういう人に、人は、本当に困っていることのみを打ち明け

依頼したり、頼ったり、お願いするに違いない。

なんてすごい人間が、存在しているのだろう。

でも、ついでに言えば、言ったところで、何とかできることは

限られているかもしれないけど。

それでも、尊い。

もっとついでに言えば、

私だったら、その対象を見えない神にすることにしている。

自分の拙い歩みの経験でそうなった。

あ、でもそれは、人を介して、人を通してできたりするから、

やっぱり人にも頼る。

「人」 「人脈」 「人力」  やはりすごく大事なこと。

とても大切なこと。それがすべての時もある。

やっぱり一番大事なポイント。




この人をすごく尊敬している。

その演技(パフォーマンス)は生き方そのもので、

極上の芸術(アート)で、人の心を揺り動かす。

それまで取り組んだすべてのことが、平和を求めるこの目を見張る

彼の作品に反映し、役立ち、活用されている。



さいごに、忘れていたけど大切なこと。

「肯定」すること。何事も。。って、ほんとうですね!


絶対*真実*事実=ユジャワン

ものごとに絶対はあるだろうか。

ないものもある。

好み。選択出来る意志決定。

それを押しつけては、いけない。

自由な”権利”




でも、技術のよしあし。感動的な理由。善悪や、優劣はある。

ユジャワンのピアノでそれが、わかる。

ピアノは、技術の優劣や、弾き方の優劣があって、

正確さ、リズム感、音楽性が問われる。

「持って生まれた才能」といいきっていいのだと思う。

環境の援助も必要だけれど。

ユジャワンのピアノを聴くとそれが、本当のことだとわかる。

例えば、人には、誰でも持って生まれた才能がある。

才能=事実=真実。

それらは、誰も口が出せない絶対!

才能は、黙っていない。拡大し、増殖する。




世の中に、この世界に、人が今だ知らない、

事実と真実があるかもしれない。

それは、「絶対」で、人を悲しい現実の限界から、

救ってくれるかもしれない。

死、病、不公正、天災や不完全から救い出してくれるかもしれない。

もし、そういう絶対がなかったら、

その人生が不幸だった人は、ただ苦しむためだけに人生があったということになる。

もし、絶対があるのなら、今だ知られていない、人を救う真理があるのだとしたら、

それを探さなければいけない。

それを、見つけられなかったとしても、

探すべきで、

もし、万が一、真実、人を救える事実に出会えたとしたら、

それを知らない人に教えなければならない。

それが真実だとしたら、それは才能であり愛なので、というか、愛でなければならず、

自ら、語り続け、拡大し、成長し、進歩し、増殖しなければならない。

誰の耳にも、伝わらなければならない。

津波の被害にあったひと

あっという間のできごとだったそうです。

日常のアクシデントだった地震。

責めても、責められても、今さらどうしようもなく。

建物はともかくとして、

人があんなに、あっけなく、死んでしまうなんて。

いいはずがありません。

時と予見し得ないことが、人には起こる。

正確な知識さえいきわたっていれば、防げたはずだけど、

そういう残念なことは、よくある。




唐突だけど、

ありがいて、シロクマがいて、犬がいて、猫がいる不思議。

太陽があって、月があって、雨が降ったり、風が吹いたりする驚き。

天寿を全うできる人がいるのに、早く死ぬ人がいる無念。

泣く人がいて、笑う人がいる不公平。




戦争や、差別や、飢えや、弾圧や、不衛生のなかで、

一生を過ごすしかない人もいた。

仕方がないと、片付けられないもんだい。
プロフィール

Author:yukoeden
女性
東北に通ってます。被災地は大変です。
リンク先には、クリック募金や助け合う
などの情報がリンクしています。
時間や体力やお金を使わなくても、
誰にでも、できることが見つかります!
助けを得られる情報も出ています~。
ひとりひとりの力が必要とされていて、
小さな力も、行動は届きます<(_ _)>

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR